ホーム | 日系社会ニュース | レジストロ文協=ラジオ体操15周年=7人で始まり今40人=今朝も笑顔で健康に

レジストロ文協=ラジオ体操15周年=7人で始まり今40人=今朝も笑顔で健康に

ニッケイ新聞 2010年4月10日付け

 レジストロ文協のラジオ体操部が3月17日、15周年を迎えた。文協の広場で日曜日、休日を除く毎朝、6時から6時40分まで、モーニング・ストレッチ、みんなの体操、ラジオ体操第1、第2、農民体操をしてからフォークダンス2曲、民謡を1曲踊る。
 15年前、7人で始まった参加者は文協の会員、非会員を合わせて約40人に増えた。皆、朝の清々しい空気を吸って体操をしてから1日が始まる。参加者は明るい笑顔で健康そのもの。
 「手術後の経過が良くてお医者さんもビックリした」とか「あらゆる手を尽くして治らなかった足の痛みが嘘の様に消えた」とか「こんなにいいのだったら、もっと早く始めていたのに・・・」とか好評のラジオ体操である。
 もう一つのグループ、やはり約40人が3年前の3月22日から旧海外興行株式会社の前で火曜日と木曜日にラジオ体操をやっている。高齢者が多いが若い人達の参加も大歓迎。健康を保つには老若の違いは無い。(金子国栄さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ