ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

日系社会ニュース

ニッケイ新聞 2010年4月13日付け

 昨年2月神奈川県からコロニアへ贈られ、神奈川文化援護協会会館に置かれていた二宮金次郎像が文協に移され、11日正式に寄贈式が行われた。60万レアルもの大金が消え、会館売却が決議されるという異常事態の渦中にある同会。永田淳会長は式典のあいさつ冒頭で「お騒がせし日系人の信頼を損なったことをお詫び申し上げます―」と述べたが、反面、今回の像設置の話はもともとあったもので、一連の問題とは関係がないそうだ。ともあれ、会館売却で尊徳像が〃路頭に迷う〃事態は避けられたよう。
     ◎
 今年創刊30周年のパラグアイ邦字紙「日系ジャーナル」2月28日号が編集部に届いた。記事のひとつに「グアラニーのゼロを3桁とるデノミ計画」との見出し。同国中央銀行が国会に法案を提出、承認されれば来年1月から導入される見通しという。新通貨の名称は「ヌエボ(新しい)グアラニー」。記者の記憶では、グアラニーは今まで一度もデノミをしたことのない〃優等生〃の通貨で、現在は1ドル=4700グアラニー前後。ブラジル在住者にとってはゼロが増えたり減ったりは懐かしい? 話かもしれないが。
     ◎
 UCC上島珈琲が4月から、同社が開講するコーヒーアカデミーの通信教育を始めたそうだ。一般消費者や喫茶店経営者らに基礎知識や抽出方法などを教えるもので、神戸新聞によれば専門の通信教育は日本初。講義では歴史や基礎知識、抽出、楽しみ方などのテーマに分かれたDVDを使い、映像にはブラジルなどの産地風景も収められているという。もう一段階発展させて、「産地ブラジル見学コース」なども始まってほしいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ