ホーム | 日系社会ニュース | 伯日交流協会=新研修生11人が到着=「日伯の絆になりたい」

伯日交流協会=新研修生11人が到着=「日伯の絆になりたい」

ニッケイ新聞 2010年4月15日付け

 ブラジル日本交流協会(二宮正人理事長)の2010年度研修生11人が10日、1年間の期待を胸に来伯した。サンパウロ州で研修する4人が村上裕美子事務局長と一緒に日系社会へあいさつを行った。
 メキシコに移民した縁戚を持つという田中智子さん(36、福岡)は看護士の仕事を辞めて最年長で参加。「捨ててきたものも多い」と冗談めかすが、「私が日伯の絆になりたい」と決意は熱い。三世の縁戚がルーツを辿って訪日した際、「日本を大事にしている気持ちが嬉しくて、私も彼らの国を見てみたくなったんです」。カンポス・ド・ジョルドン市のカンポスさくらホームで介護福祉士として働く。
 小笠原夏織さん(28、宮城)と高山佳美さん(28、北海道)は、大和商事、ホス建設で1年間挑戦する。サッカー好きの小笠原さんは、地元チームのブラジル人選手がきっかけだ。高山さんは、ポンペイアの西村農学校で10年前に研修したOBの兄に「『行け行け』と事あるごとに勧められていた」と笑い、「自分にとって必要な経験だと思う。とにかく楽しみたい」と意気込む。
 関西大学商学部を休学して参加した宇野秀郎さん(22、大阪)は、将来人に伝える仕事がしたいとニッケイ新聞での記者研修を希望。「日系人がどんな想いで日本文化や習慣を守っているのか、日系社会にどっぷり浸って知りたい」と話し、「この経験を通じて、社会に貢献できる人間になりたい」と志は高い。
 OGである村上事務局長は、「1年でできることは限られている。だからこそ、恥ずかしがったり躊躇したりせず、何でもチャレンジして欲しい」とエールを送った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選2016年9月30日 ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 冬耕や錆びてキコキコ云ふ耕車 背広着し案山子の哀れ見て通る 故国訪い逢えざりし友の賀状来る 河へだて牛啼き交わす夕立晴 色褪せし旱の蝶のとぶばかり […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]
  • 焚火祭はフェスタ・ジュニーナ(6月祭)のことで、田舎風に装った若い人たちが集まり、大きな焚き火を囲み、大鍋でピンガに香料や砂糖を入れて煮るケントンを呑み、歌い踊ったりする。2015年7月13日 ニッケイ俳壇(846)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 迷い入れし冥土の如く寒夕焼枯れるもの枯れ麻州野は夕焼けて風止みしこの静けさも夜の秋珈琲園耳の短い兎住む鋤焼きの最後は餅を入れて食ふ【一九一五年十月三日生れで、この十月で百才になられる。一字も正しく書いて下さる。字がまともに書け […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]