ホーム | 日系社会ニュース | ラール児童養護施設=日本祭り4百人の賑わい=日系団体、地域も協力

ラール児童養護施設=日本祭り4百人の賑わい=日系団体、地域も協力

ニッケイ新聞 2010年4月24日付け

 聖北地区にある児童養護施設ラール・アンジョ・ガブリエルで11日、2回目となる日本祭りが開催され、家族づれなど約400人でにぎわった。

 4~7歳の90人の貧しい家庭の子供たちが無料で通う同施設で、運営費捻出を目的に始められた日本祭り。今年は新星ACALや心響太鼓、文協の剣道グループなど日系文化グループも協力出演した。
 YOSAKOIソーランやマツリダンスの披露、太鼓演奏、剣道のデモンストレーションに施設の子供たちも、舞台に身を乗り出して見入っていた。顔におしろいを塗ってサムライやゲイシャの格好をした子供たちも、太鼓の演奏に合わせてダンスを発表した。
 会場では子供たちの折り紙工作や日本人形が展示されたほか、春巻きや天ぷら、寿司、饅頭などの日本食を販売、訪れた家族らも珍しそうに日本文化を楽しんだ様子だった。
 アラン・テイシェイラ・ボニス君(5)は、同施設に通って2年間。母リンダルバさん(34)は、「この施設で良く面倒見てもらっている。いつも授業へ行きたがってくれるので嬉しい」と、その日も元気に発表する息子の姿を見守る。
 通い始めて4カ月だというチアゴ・バチスタ君(3)の母ロリウエネさん(24)は、「施設の存在は大変ありがたい。子供たちのために活動して下さる皆さんに、感謝している」と話した。
 材料の野菜や春巻きは、開催を知った一般家庭や近隣の住民により寄付された。同施設のボランティアで同祭企画を担当した富田ゆきさんは、「今回もたくさんの支援を得て開催できました」と振り返り、「昨年よりも来場者が増え、多くの資金が集まりました。来年は、さらに受け入れる子供の数を増やしたい」と笑顔で話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場2018年11月9日 インダイアツーバ日本祭り=4日間開催、1万2千人来場  サンパウロ州インダイアツーバ市内のイベント会場で10月11から14日の間、『第3回インダイアツーバ日本祭り』が開催され、約1万2千人の来場者を記録した。インダイアツーバ日伯文化体育協会(Acenbi)とタサ・エヴェントス社の共催。  祭りでは芸能発表やワークショップ […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]