ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2010年5月5日付け

 千葉県人会館竣工式で同所を初めて訪れ、駅出口から徒歩30秒という近さに驚いた。完成から1年過ぎ、宿泊施設は数人待ちの人気だという。
 約10年にわたり建設に尽力してきた原島義弘県人会長。にぎわう祝賀会場で、「まだ気を抜いている暇はないよ」と話す姿が印象的だった。
 維持費など資金的な問題だけではないだろう。ようやく手に入れた「拠り所」を今後どのように活用していくか。一世の高齢化、世代交代の中、千葉に限らずどの県人会でも同様の問題がある。
 歴代会長の一人が話していた。「今後母県との結びつきをどう展開するか考えないと、縁が切れてしまう」
 節目で来伯する各県の代表者は「交流促進」を口にし、実際に県と県人会の距離はその時は縮まる。しかしその持続には、一方でなく、相互に絆を維持する努力が必要だ。世代交代が進めばなおさらだろう。(ま)

image_print

こちらの記事もどうぞ