ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 西森ルイス連邦下議が以前、「10月の選挙を最後に引退しようかな」と弱音を漏らしていたのを聞き、超多忙な仕事ぶりを想像した。万が一そうなった場合、問題は後継者だ。地元文協ACEMAの元会長、安永修道さん(62、三世)によると近年、会員数は増え続けているとか。
 同文協には現在1千家族(約一割は非日系人)が加盟。「会員になれば、文協内の施設を低料金で借りられる点に多くの住民が魅力を感じているのでは」と分析した。
 文協内には野球場6面、サッカー4面、ゲートボール14面に50メートルプールまで。立派な総合体育施設とも言え、パラナ州第3の大都市において大きな存在感を放っている。
 「この町で育った若者なら、文協が支持する候補に投票するかも」。マリンガ出張では、そんな頼もしいコロニアを体感した。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月19日 東西南北  18日、ブラジルのネットはなつかしい写真で溢れた。それはこの日が、ブラジルでのテレビ本放送70週年記念日だったからだ。1950年、今はなきトゥピー局が放送を開始したのが最初となる。日本のNHKが本放送をはじめたのが1953年2月1日なので、それよりも2年半近く早かったことにな […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年9月16日 東西南北  政党「共和者(Republicanos、旧・ブラジル共和党)」は今日16日に、サンパウロ市市長選に向けての支部大会を行う。同党からはセウソ・ルッソマノ氏の出馬が確実視されており、ボウソナロ大統領の支援を得ることも堅いとされている。それは、ボウソナロ氏の2人の息子(フラヴィオ氏 […]