ホーム | コラム | オーリャ! | ブラジル人の“おもてなし”

ブラジル人の“おもてなし”

 こちらに来る前、日本で知り合った伯人留学生に友人を紹介してもらい、先日こちらで初めて顔を合わせた。「まだ観光してない」と言うと、彼は親切にも聖市セントロ周辺を案内してくれた。
 オーリャ子がポ語を殆ど話せないため、拙い英語で彼と意思の疎通をした。彼は会ったばかりのオーリャ子を美術館や有名洋菓子店、劇場地下の洒落たバーに1日かけて案内してくれ、相手がまだ学生であることを気遣い、食事代までおごってくれた。
 帰り際に「なぜ自分にこれほど親切にしてくれるのか」と疑問をぶつけたが、慣れない英語が伝わらないのか、明確な回答を得られなかった。
 彼は「楽しかった」と言ったが、彼にとっては見知った街で、相手は英語が下手で冗談も通じない状態だったはず。
 これが、うわさに聞く「ブラジル人のオスピタリダーデ(歓迎精神)」だと痛感した。日本人の「おもてなし」にも引けをとらないものだ。親切は貸し借りではないが、これは何とかして返さねばと誓った。(大)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え2017年5月23日 日本宗教がディズニー監督の心の支え  ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付け […]
  • コラム オーリャ!2004年12月28日 コラム オーリャ!  一年の終わりにこんな結末が用意されていたとは誰が想像しただろう。スマトラ沖地震のニュースは世間のクリスマス明けの穏やかな気分を一転させ、地震被害の悲惨さを改めて認識させた。 […]
  • ゲイパレードで“ブラジルの洗礼”2019年6月29日 ゲイパレードで“ブラジルの洗礼”  23日に聖市パウリスタ大通り周辺で開催されたLGBTプライドパレード。オーリャ子も見物に行ったのだが、携帯電話を盗まれてしまった。人混みの中、身動きのとれないところを後ろから突き飛ばされ、体勢を崩した隙にポケットから抜き取られた模様。怪我はなかったが盗人を見失い、途方に暮れた […]
  • チリサポーターの変な応援?2019年6月22日 チリサポーターの変な応援?  17日に行われたコパ・アメリカの日本対チリ戦。オーリャ子も聖市のモルンビ・スタジアムで、圧倒的多数のチリ代表サポーターに囲まれながら日本代表を応援した。  後半30分頃、日本の敗色が濃厚となると、近くのチリサポーターが「ポケモン」コールを始めた。ポケモン(ポケットモンスター […]
  • 苦い豪華なハンバーガー2019年6月8日 苦い豪華なハンバーガー  先日、大手ハンバーガーファストフード店で夕食をとったが、実はこの種の飲食店が苦手だ。というのもハンバーガーは好きだが、バールと比べ無愛想な店員が多く、飲料やフライドポテトのセットメニューも複雑。ポ語に慣れないオーリャ子には注文が難しい。  その時の店員はとても親切で、オーリ […]