ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年5月11日付け

 世界で一番読まれている新聞は、読売新聞であり発行部数は1000万部を超える。旧ソ連の共産党機関紙・プラウダを抜いたのが1977年だが、今や新聞の経営は厳しい。これは日本だけではなく米英や先進諸国に共通する難問であり、これを如何に乗り切るかが大きな課題になっている。日本の3大紙の一つも赤字になったし、経営陣の悩みは尽きない▼アメリカの新聞界も読者の減少が続く。あの名門NYタイムズですら9%減でありロ・タイムズは15%も減少している。この傾向は他の新聞も同じだし、もはや活字文化の崩壊と見てもいいのかも知れない。ニュース雑誌としてタイム誌と並び影響力の強いニューズウィーク誌売却の話もあるし、活字を取り囲む客観情勢は真っ暗なのである▼言うまでもないが、パソコンなどコンピューターの普及が目覚しく、インターネットによるニュース取得が簡単になったので活字新聞の放棄に繋がったと見ていい。これはもうテレビとラジオと異なり多くのニュースを読めるし、記録性にも優れている。新聞や雑誌と違い配達の時間的なロスはないし、迅速性にも富む▼こうした情況を踏まえ日米欧では、電子新聞も発行されている。読売や朝日、日経、産経新聞も新聞代と同じ程度の購読料でボタンを押せば画面に紙面が踊り出るという仕掛けだが、恐らく将来的には―この方式による生き残りしかあるまい。我等が邦字紙の苦境は1世が少なくなり読者が急減しているのであり、情報戦争での敗北ではないが、「ニッケイ新聞」もコロニア版の電子新聞が一つの道と捉えたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]