ホーム | 日系社会ニュース | 化粧品販売員を募集=日本製マスカラなど

化粧品販売員を募集=日本製マスカラなど

ニッケイ新聞 2010年5月25日付け

 日本製のアイラインとマスカラを販売しませんか――。田路雅朗(とうじ・まさあき、54、兵庫)さん=東京在住=が来伯し、日本製の化粧品の販売を始めるにあたり、販売員と拠点を募集している。
 アイラインのブランド名は「キャッツフェイス」「ボナボチェ」「ダソダ」の3種類で、後者ほど高級品となる。筆先になっており細かい作業が可能で、「直液式なので最後の一滴まで真っ黒に使えるのが特徴」という。またポリマーシリコンを使用しているため水に濡れても落ちないが、油性ではないため水をつけてこすったらすぐに落ちる。「24時間もって、水に強く、簡単に落ちる」。
 マスカラの方も絹の粉を使っているために、重ね塗りしても睫毛の先端が巻き上がる特性があるという。
 販売元はケミコス・クリーション社でメキシコ以南の販売権を取得しており、共同経営社長の田路さんは「ゆくゆくは南米全体に広めたい」との構想をもっている。販売員などの関心のある人は聖市事務所(11・3207・0369、ガルボン・ブエノ街212番31A)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ