ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年5月27日付け

 先週末にボン・レチーロ区であった『第5回韓国文化フェスティバル』に足を運んだ。今年「韓国人街」というサンパウロ市唯一の民族名がつく地区に制定されたこともあり、総領事館もテコ入れ、例年より大規模だった。ハングルによる書の展示や韓国舞踊を楽しんだら、ずらりと並んだ屋台が次の目当てだ▼岩塩と唐辛子で食べる血入りソーセージ(スンデ)とコプチャン(小腸)の串焼き、イカの天ぷら、トッポッキ(唐辛子で煮込んだ餅)などを買い込み一安心。ビールを探す目の端に素焼きの壷が引っ掛かった。朝鮮どぶろく「マッコリ」だ▼山口・下関から、韓国・釜山間を繋ぐ「関釜フェリー」。飛行機でわずか1時間だが、やはりここは波に身を任せ、旅情を掻き立てたい。港近くで買い込んだ豚足やスルメ、正体不明の缶詰を甲板で広げて飲むマッコリが復路の楽しみだった。玄海灘のときおり激しい揺れで増す心地良さを思い出し思わず、オルマエヨ?(いくらですか)▼白磁の容器で3レアル。口当たりの良さに杯を重ねるうち、柄杓を持ったアジュンマ(おばさん)が嬉しそうに自家製マッコリの広告をくれた。数年前は限られたところでしか楽しめず「おじさんの飲み物」として敬遠されていたそうだが、韓国のブームが飛び火する形で若い世代に大人気だとか▼我が国に目を転じれば、定着した芋焼酎に続き、ハイボールが若者に大流行。トリハイも楽しまれているようだ。トリスを飲んでハワイに行きたかったが、ブラジルに来てしまったおじさんを誘い、冷えたマッコリの甘い酸味をもう一度楽しみたいものだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト2020年8月11日 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト  ディスカバリー・ニッケイ(全米日系博物館主催)は「勝敗を超えて:ニッケイスポーツ」と題し、「日系人とスポーツ」に関する文章を受付けている。募集要項に沿って投稿されたすべての投稿を掲載予定。  題材は日系人と関わりあるもので、現役または引退した日系オリンピック選手、日系スポー […]