ホーム | イベント情報 | ■今週末の催し

■今週末の催し

ニッケイ新聞 2010年7月29日付け

土曜日 31日

 第42回カンポス桜祭り、同ホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Campos do Jordao)
     □
 東山農場農業研修所50周年式典、午前11時、同農場(Rod. Dr. Ademar Pereira de Barros, km 121,5)
     □
 サウーデ文協第11回すき焼き祭り、午前11時および午後6時、会館(R. Diogo Freire, 307)
     □
 ビラ・モラエス文協やきそばとダンスの会、午前11時、会館(Av. Cursino, 3331)
     □
 CIATE合同研修会、午後2時、同所(R. Sao Joaquim, 381)
     □
 国際交流基金折り紙展、午前10時半、同センター(Av. Paulista, 37)、8月10日まで
     □
 木島孝文個展、午前10時、デコ画廊(R. dos Franceses, 153)、8月22日まで

日曜日 1日

 第58回全伯歌謡唱歌コンクール、午前9時、愛知県人会館(R. Santa Luzia, 74)
     □
 第32回カルモ桜祭り、午前10時、イタケーラ区カルモ公園内桜園
     □
 やすらぎホーム第32回つつじ祭り、午前9時、同ホーム(R. Anesio Ruivo, 377)
     □
 第42回カンポス桜祭り
     □
 富山県人会創立50周年・県人移住百周年式典、午前10時、宮城県人会館(R. Fagundes, 152)
     □
 佐賀県人会創立55周年・県人移住百周年式典、午前10時、会館(R. Pandia Calogeras, 108)
     □
 第22回郷土民謡全伯大会、午前9時、援協社会福祉センター5階(R. Fagundes, 121)
     □
 サントアマーロ婦人会第25回慈善バザー、午前10時、会館(R. Vigario Taques Bittencourt, 211)
     □
 西本願寺婦人会慈善バザー、午前11時、同寺(R. Changua, 108)
     □
 大阪なにわ会慈善バザー、午前9時、会館(R. Domingo de Morais, 1581)
     □
 コロニアかるた会第412回例会、午後1時、鳥取交流センター(R. Dona Cesaria Fagundes, 323)
     □
 日伯司牧協会アパレシーダ巡礼
     □
 第7回沖縄相撲大会(午後1時)、第17回支部対抗バレーボール大会(午前9時)、沖縄文化センター(R.Sete de Setembro,1670)
     □
 仏心寺お盆法要、午前10時、同寺(R. Sao Joaquim, 285)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今週末の催し2006年9月1日 今週末の催し 2006年9月1日付け ◇土曜日◇  南米産業開発青年隊五十周年記念大会・前夜祭、二日午後六時、宮城県人会館(ファグンデス街152)。      □ […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ニッケイ俳壇(862)=星野瞳 選2015年10月29日 ニッケイ俳壇(862)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 受難日の肉屋の台にある聖書 草笛に今も力行応援歌 ひやひやと雨をこぼしぬ鳥曇 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 森の穂にアララが騒ぎ初明り 【投句者・新津さんは十年ぶりに第二句集を出された。この十月三日で満百才 […]
  • ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選2015年9月19日 ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選 【この九月四日世を去った西谷南風遺句集より】 仔馬追ふ母馬の眼の人に似る 時雨るるやキリストの本売ル人に 百雷の轟く滝の夕燕 吹き荒れて谷に落ちたる野分かな 火焔樹の下に人待つ恋乙女 鍬百姓四十年や豆の花 […]