ホーム | イベント情報 | サントス厚生ホーム6月祭=10日、市内公園観光も

サントス厚生ホーム6月祭=10日、市内公園観光も

参加を呼びかけた一行

参加を呼びかけた一行

 サンパウロ日伯援護協会傘下のサントス厚生ホームが主催する『フェスタ・ジュニーナ(6月祭)』が、6月10日午前11時から午後3時まで、同施設(Av. Campos Salles, 60, Vila Nova)で開催される。
 定番のホットワインなどのほか、毎年人気の鰯の丸焼き、刺身、寿司などの日本料理なども楽しめる。
 当日午前8時に、援協本部前(Rua Fagundes, 121, Liberdade)からバスが出る。料金はバス代と食券付で70レ。ロベルト・マリオ・サンチーニ公園内の日本移民上陸記念碑、故・大竹富江氏の移民百周年記念モニュメントを見学し、海辺を廻って会場に到着する。予約は来月5日まで。
 案内のため来社した洲崎順副会長、土井セルジオ紀文サントス厚生ホーム運営委員長は「おいしいご馳走をたくさん用意しております。楽しい一日を過ごしに来てください」と呼びかけた。
 問合せ、バス予約は(11・3274・6494、または、3274・6523)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本詩吟学院伯支部、創立10周年=厚生ホームで記念公演2018年8月31日 日本詩吟学院伯支部、創立10周年=厚生ホームで記念公演  公益社団法人日本詩吟学院ブラジル支部(芝紘岳支部長)は、支部創立10周年を記念し、9日、サンパウロ日伯援護協会傘下のサントス厚生ホームを訪れ、記念公演を行った。  日本詩吟学院は、近代吟詠の祖と称される木村岳風が創設した詩吟の一流派。同支部は、移民百周年の時に本部の […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]
  • 2014年8月18日 【安倍首相来伯特集】あいさつ 経済交流深化の気運を期待=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 安倍首相来伯記念特別号の発行にあたり、ご挨拶申し上げます。 この度、10年ぶりに実現した首相来伯は、短いながらも内容は大変充実したものでした。首相は、8月1日に行われたブラジル経済界との意見交換会において、 […]
  • 松尾、森口、吉岡の三氏が喜びの声=外務大臣表彰の伝達式で2012年9月6日 松尾、森口、吉岡の三氏が喜びの声=外務大臣表彰の伝達式で ニッケイ新聞 2012年9月6日付け […]
  • 援協=旅順丸100年記念して=高齢者無料チェックアップ2010年6月25日 援協=旅順丸100年記念して=高齢者無料チェックアップ ニッケイ新聞 2010年6月25日付け  サンパウロ日伯援護協会リベルダーデ医療センターは7月3、4日、同センター(R. Fagundes, 121)で高齢者無料ミニチェックアップを実施する。 […]