ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年8月5日付け

 瀬戸内海を渡る小舟で「黒い雨」を浴びた姪の矢須子は、婚期を迎えるのだが、原爆症の噂が飛び交い叔父の閑間重松とシゲ子夫妻が悩む姿を坦々と描いた井伏鱒二の作品は戦後の名作である。この小説は1965年に「新潮」に連載されたもので初めは「姪の結婚」だったが途中から「黒い雨」と改題し、原爆投下による影響で悲惨な暮らしを強いられる庶民の哀しみを静かな筆致で描く▼黒い雨とは、原爆炸裂の時の泥やほこりを含んだ重油のような粘りがある大粒の雨であり、放射性降下物である。この残留放射性物質を浴びると、頭髪が抜け、歯茎から大量の出血があり急性白血病になったりと、被爆はしなくとも原爆症を起こす怖い病気なのである。あの「エノラ・ゲイ」号が投下した1発の原子爆弾は、広島市民を一瞬にして14万人をも死に追いやった▼あの当時 ―広島の人口は35万人だから、犠牲者14万人がいかに大きいかがわかる。そして、原爆症で死去する人は今も続き21万人超が鬼籍に入ったし、治療を受けながら苦しんでいる人も多い。あれから65年。今年もまた8月6日に原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)が開かれる▼しかも、米国を代表してルース駐日米大使が、潘・国連事務総長と共に初めて出席する。歴代の米政府は「原爆投下は戦争を終わらせるために正当だった」の見解だから、大使出席の意義は大きい。我がコロニアでも広島・長崎県人会が7日にレジストロで被爆者を追悼する「平和灯籠流し」を行うそうだし、核兵器廃絶の動きは強く逞しくなっているのは喜ばしい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]