ホーム | 日系社会ニュース | サウーデ文協=冷えた体もポッカポカ!=大盛況のすき焼き会

サウーデ文協=冷えた体もポッカポカ!=大盛況のすき焼き会

ニッケイ新聞 2010年8月13日付け

 サウーデ文化体育協会(桂川富夫会長)主催の「第11回すき焼き会」が7月30日、同会館で開かれ、約500人の家族連れやカップルで賑わった。
 テーブルに設置されたすき焼き用の鍋をみんなでつつく本格的なすき焼きは、非日系人にも好評で同文協の人気行事となっている。
 婦人部長を40年務める金森巴さんによれば、食材は前日購入し、当日の早朝から下準備を始めたという。
 「肉は60キロほど用意して、婦人部で1枚1枚丹精をこめて包丁で切る。だからおいしいはずよ」と笑顔で語った。
 桂川会長は、「毎年訪れる人との再会がうれしい」と目を細めた。今回初めて醤油メーカー「キッコーマン」が協賛になったという。
 会場入口には、持ち帰り用の受付も用意され、140人分ほど販売された。長テーブルに炊飯器が2台設置され、ご飯食べ放題ということもあり、おかわりをする客で混雑を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ