ホーム | 日系社会ニュース | アリアンサ郷友会=第45回シュラスコ会開く=宮城県人会で22日

アリアンサ郷友会=第45回シュラスコ会開く=宮城県人会で22日

ニッケイ新聞 2010年8月14日付け

 アリアンサ郷友会(橋浦行雄代表)は22日正午から、宮城県人会館(Rua Fagundes, 152)で『第45回親睦会』を開く。橋浦代表と世話人の市川利雄さんが案内のため5日に来社した。
 同親睦会には、毎年約300人のアリアンサ移住地出身者、家族らが集い、懐かしい思い出話しに花を咲かせ、賑わいを見せている。
 今年のシュラスコ用の牛肉は第2アリアンサから約200キロが提供される。「アリアンサで育てた牛で食べるシュラスコは格別にうまい」と市川さんは笑顔で話す。
 「元気な顔をぜひとも見せにきてください」と橋浦代表は、参加を呼びかけた。
 参加無料で、各家族一品の持ち寄り。カラオケに参加する人はテープまたはCDを持参すること。詳しくは橋浦さん(11・3209・7687)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ