ホーム | 日系社会ニュース | JICA=新調整員の江川さん着任=「初心忘れず現場回りたい」

JICA=新調整員の江川さん着任=「初心忘れず現場回りたい」

ニッケイ新聞 2010年8月20日付け

 JICAボランティアの新調整員として江川由美ボランティア班長(50)が着任し、吉田憲同ブラジル事務所次長と共に13日挨拶に来社した。
 調整員はボランティア要請受付、選考、配属先の巡回、帰国後の相談まで、2年の活動全般を支える存在。ブラジルでは現在過去最多の80人の日系社会ボランティアが活動している。
 江川さん自身、34歳の時に開発青年としてボリビア・ラパス日本人会で3年間団体事務に携わった。その後、エルサルバドル、ドミニカでも調整員を勤め、このたびブラジルでの勤務となった。
 実は根っからのブラジル好き。「人生が決まった」という出会いは高校3年の夏に聞いたボサノバ。「ポルトガル語の響きが素敵」と新設された大阪外国語大学のポルトガル・ブラジル語学科に飛び込んだ。
 卒業後は日本で日系ブラジル旅行社に10年勤めたが、短期間の出張のみで、ブラジルへの思いは募り、ボランティアを志願したという。
 江川さんは「初心を忘れず、これまでの経験を踏まえて、広いブラジルの国に散らばるボランティアたちの現場をできるだけ回ってみたい」と抱負を語った。
 吉田次長は今後の江川さんの働きに対し「経験豊かで、日系団体、JICA事業への理解も深い。戦力になってくれるでしょう」と期待を寄せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 米国スパイブラジルにも=(下)=ラ米諸国もSCSの対象に=スノーデン氏の亡命先は2013年7月31日 米国スパイブラジルにも=(下)=ラ米諸国もSCSの対象に=スノーデン氏の亡命先は ニッケイ新聞 2013年7月12日  米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集プログラムはブラジルも対象としており、特別収集サービス(SCS)の拠点がブラジリアにあったという報道はブラジル政府を慌てさせたが、10日付エスタード紙によれば、アルゼンチン、コロンビア、エクアドル […]
  • 北朝鮮にも食糧を提供=人道支援目的に米や豆など2011年6月23日 北朝鮮にも食糧を提供=人道支援目的に米や豆など ニッケイ新聞 2011年6月23日付け  ブラジル政府が21日官報で、国際的人道支援のため、ポルトガル語を使用する国と共に、北朝鮮など15カ国に食糧を無償提供すると発表した。 […]
  • エル・サルバドル=また左翼政権誕生=チャベス色に染まる中南米2009年3月18日 エル・サルバドル=また左翼政権誕生=チャベス色に染まる中南米 ニッケイ新聞 2009年3月18日付け  中南米のエル・サルバドルの大統領選挙は、元解放前線(FMLN)ゲリラのマウリシオ・フネス候補の当選で左翼政権がもう一つ誕生、チャベス圏が広がったと十七日付けジアリオ・デ・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫2019年5月23日 「日本祭りへの提言」への県連としての見解=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  去る5月4日のニッケイ新聞6ページで「巨大商業化した日本祭りへの提言/来場者のための本当のカイゼン」と題した特別寄稿として、5つの点で率直なご指摘ありがとうございました。  しかしながら、一般への誤解を招かないためにも私の見解を県連(ブラジル日本都道府県人会連合会) […]
  • 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回2018年10月18日 沖縄戦の惨苦――戦争孤児 親富祖政吉=第4回  しかし僕は勉強にあまり身が入らず、学校を止めようかと思いながら2年生になっていました。2学期になって宮古島から仲村という社会科の先生が転任してこられた。  社会科の試験の成績が良かったということもあってか、先生から「今日先生は宿直だから、色々と話をしたいからお出で」 […]