ホーム | 特集 | 【特集 花といちご祭典】「第30回花といちご祭典」=花の魅力を楽しんで!=産地直送の新鮮な果実も=アトラクションも多数

【特集 花といちご祭典】「第30回花といちご祭典」=花の魅力を楽しんで!=産地直送の新鮮な果実も=アトラクションも多数

ニッケイ新聞 2010年8月28日付け

 アチバイア・オルトランジア協会(平中信行会長)が主催する毎年恒例の最大イベント、『花といちごの祭典』が今年で第30回目の節目を迎える。9月3~7日、10~12日、17~19日の3週間に渡って開催される。生産者らが丹精を込めて育てた苗類を始め、鉢物、切花が大集結。毎年全伯から約12万人の来場者が春の訪れを祝う。今年も趣向を凝らした花の演出やデコレーションで来場者を魅了する。

直送の花と採りたてイチゴ

 同イベント会場には、生産者直送の自慢の花や旬のいちごが特価で購入できる。花はランやガーベラ、菊など多くの種類が販売される。

ショーも満載

 日本の太鼓や盆踊から世界各国の民謡まで、多種多様のアトラクションが披露される。
 全ての日程で、劇やダンス、音楽演奏など楽しいショーが目白押し(プログラムは別掲)。

食を楽しむ

 特産のいちごを使用したジュースやアイスクリーム、ケーキ、タルト、が楽しめる。
 アチバイア文協婦人会や福島県人会アチバイア支部などが腕を振るって提供する天ぷら、寿司、刺身、うどん、焼きそばは地元でも人気の定番メニューだ。

【開催日】9月3~7日、10~12日、17~19日

【時間】午前9時から午後6時

【場所】エドムンド・ザノニ市立公園(Av. Horacio Neto, 1030)

【入場料】
前売り券12レアル、
当日券18レアル(10歳以下無料)、60歳以上および学生は半額(学生証提示)、金曜は一律8レアル。

【公共交通機関利用】
地下鉄チエテ駅から高速バス・アチバイア行に乗車(約1時間)、アチバイアのバスターミナルで下車。下車後、バイホ・ダ・ヘサカ又はジナージオ・エスポルチ行きのバス(約5分)に乗り、エドムンド・ザノニ市立公園前停留所で下車。

【詳細・問合せ】
フリーダイアル=0800・555・979、ホームページ=www.festadasfloresdeatibaia.com.br

image_print

こちらの記事もどうぞ