ホーム | 日系社会ニュース | 統一選挙の祝賀激励会=聖南西とリベイラ連合

統一選挙の祝賀激励会=聖南西とリベイラ連合

ニッケイ新聞 2010年10月9日付け

 リベイラ沿岸日系団体連合会(FENIVAR)と聖南西文化体育連合会(UCES、共に山村敏明会長)が合同で統一選挙の祝賀激励会を15日午後7時から、レジストロ文化協会会館で行う。
 従来のような当選者を祝賀する会というだけでなく、今回は落選者が将来の当選者になるよう一緒に激励するという主旨でも行われる。
 すでに主だった候補者の殆どが参加を表明している。サンパウロ州議に当選した羽藤ジョージ、西本エリオ、リベイラ連合が応援したサムエル・モレイラの3氏、落選した小林ビットル、重田エウゾ2氏、連邦下議に当選した安部順二、オオタ・ヨランダ2氏、落選した飯星ワルテル、ウイリアン・ウー2氏が出席することが確認されている。
 レジストロ文協の金子国栄会長は「党派、日系、非日系関係なく、我々に協力してくれる政治家を呼んでいる。みなさん、ぜひ出席し、一緒に祝賀・激励しましょう」と呼びかけた。当日の参加費は40レアル。問い合わせは同文協(電話=13・3822・4144)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ