ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 保健省がデング熱に警告=今年すでに592人が死亡=サンパウロ州感染者も昨年の20倍増

こちらの記事もどうぞ

  • 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2017年1月27日 野口英世の足跡を追う=1923年にブラジルで黄熱病研究=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」と […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 東西南北2014年4月4日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月4日 サンパウロ市保健局が発表したところによると、今年の第1四半期における同市のデング熱の患者数は昨年同時期比で27%減ったが、患者の3分の1以上が集中している西部のジャグアレー地区とラッパ地区では患者数が急増しているという。第1四半期の患者数を昨年 […]
  • 顔料と膠を混ぜる参加者たち。手前の二人が内田教授と木島さん2014年3月15日 武蔵野美大=WSで日本画の手法紹介=「日伯交流展」も開催中 ニッケイ新聞 2014年3月15日 日伯交流展を開くため現在来伯している武蔵野美術大学・日本学科研究室(東京)の内田あぐり主任教授、非常勤講師の木島孝文さんらが先月27、28日、サンパウロ市ビラ・マダレーナ区のアトリエ・フィダルガで「日本画ワークショップ」を行った。 アーテ […]
  • 東西南北2014年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月5日  サンパウロ市での水不足が騒がれているが、サンパウロ州内ではすでに給水制限を検討しはじめている市もある。サンカルロスやデスカウヴァードなどでは、今にも給水制限実施が現実味を帯びているといい、ソロカバやアララクアラでは給水制限実施は否定している […]