ホーム | イベント情報 | 鬼木東洋医学専門学校=格安マッサージの日=27日

鬼木東洋医学専門学校=格安マッサージの日=27日

ニッケイ新聞 2010年11月23日付け

 余興が数多く披露された兵庫県人会50周年の記念祝賀会では、滞伯中の農業研修生らが会場を沸かせた。共に踊ったサンバダンサーからも「盛り上がった。こちらの気分もノッた」との声も。研修自体はアクシデントも無く順調なようで、「めちゃめちゃ楽しい。人生感が変わった思い」と話すのは、萩原祐一さん(24)。弓場農場での同年代との出会い、きつい農業実習等の体験が特に印象に残ったようだ。「来年にでもすぐまた来たい」と胸をはずませている。
     ◎
 毎週土曜日付の本紙3ページに掲載している「国際派日本人養成講座」で20日付に「人物探訪・西郷従道」を掲載したところ、何人かの読者から「名前の読み方は『つぐみち』ではないか?」と問い合わせがあった。編集部でも当初はそう考えていたが、調べてみるとどうやら「じゅうどう」の方が正しいようだ。国立国会図書館の資料目録でも読み方は「じゅうどう」とある。インターネットのフリー百科事典ウィキペディアによれば、従道の本名は「隆興」だったが、明治維新後太政官に名前を登録する際に口頭で言ったのが訛っていたため「ジュウドウ」と聞き取られ、そのまま「従道」になってしまったとか。本人も気にせず使っていたというから、これも懐の大きさか。
     ◎
 文協斜め前のピザレストランが店を畳み、新しいバールが開店準備中。関係者らには、「ちょっとカフェ」に便利になりそう。しかしこの角、いい場所とは思うのだが、コラム子が知っているだけで3、4度店が変わっている。風水的に問題があるのか気になるのだが、今回は典型的なバールだけに大丈夫かナ?

image_print

こちらの記事もどうぞ