ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年11月24日付け

 日本の精密測定器の先駆メーカー「ミツトヨ」は1965年に仏教伝道協会を組織して、『仏教聖典』を51カ国語に翻訳し全世界の約9千軒のホテル、計100万室に常備する活動を繰り広げている。配布総数はなんと700万部に及ぶとか。もちろん伯国内でもポ語版を配布している▼今年のコロニア文芸賞に選ばれた、南米ミツトヨ社の専務取締役工場長を長年務めた吉田俊一さん著『ブラジルに来て四十五年』には、この聖典に関する興味深い逸話が掲載されている▼レジョン・ウルバーナのレナト・ルッソといってピンとくる人は少ないと思うが、子や孫に聞いてもらえば大半が知っているはずだ。伝説的な人気を誇った人気ロックバンドで、90年代に2千万枚もの販売記録を作った。レナトは強いカリスマ性を持つリーダーで、96年に惜しくも36歳の若さでエイズにより亡くなった▼彼が聖市のホテルに宿泊した際、枕辺の仏教聖典を読み、翌朝詩の発想を得たと感謝の手紙を吉田さん宛てに送ってきた。「朝、東向きの部屋の窓辺に射しこむ陽光を見て、昨夜読んだ聖典の意味はこれだったのかと、心の中から沸々と湧き出るものを感じ、一瞬にして『あなたの部屋の窓に陽が射す時』の歌詞を書き上げました」とのこと▼「今この瞬間に全てをやり直せるのに、なぜ待っているのか」「太陽は全ての人に昇るが、望まない人には知ることができない」などの歌詞には〃窓辺の悟り〃の片鱗が伺える▼この曲を聴く若者の大半は仏教に興味はないだろう。でも知らない間に日本的なものの考え方になじんでいく。同聖典配布は地道な活動だが成果は計り知れない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ