ホーム | 日系社会ニュース | 番外編=頭悩ます百年史農業編=無事に第1冊目刊行へ

番外編=頭悩ます百年史農業編=無事に第1冊目刊行へ

ニッケイ新聞 2010年12月28日付け

 百周年記念協会(上原幸啓理事長)の最後の仕事、日本語版百年史編纂委員会(森幸一委員長)は当初、刊行第1冊目に『農業編』を予定していたが、田中規子コーディネーターの問題で迷走状態に陥ったため、急きょ『文化編(1)』を前倒しして編纂を進め、無事に年末までに印刷を終えた。
 『農業編』の顛末に関して、百周年協会は12月に異例の声明文まで発表し、裁判沙汰にして無為に時間を取られるより、「5巻全ての刊行を最優先する」との苦渋の決断を明らかにした。

image_print

こちらの記事もどうぞ