ホーム | 食・音楽 | 音楽 | 歌姫は順調にレッスン中=9月訪日したメリッサちゃん=W杯前に新曲収録との話も=学校生活にも順応に適応

歌姫は順調にレッスン中=9月訪日したメリッサちゃん=W杯前に新曲収録との話も=学校生活にも順応に適応

ニッケイ新聞 2013年12月20日

レッスン中の鈴木先生とメリッサちゃん

【既報関連】数々のカラオケ大会で優秀な成績をおさめ、当地のテレビ番組などにも出演して話題をよんだ10歳の歌姫国吉メリッサちゃん(三世)は本格的な歌手修行のため、家族総出で9月に訪日した。父ミウトンさん(46、二世)が一時帰国した機会に、有名作曲家の鈴木淳さんへの橋渡しをした南米通信社の尾和義三郎代表と共に、メリッサちゃんの歌手修業の様子を尋ねてみた。

 9月初旬に家族で神奈川県へわたり、メリッサちゃんは小学校に編入、学校と歌の練習とで忙しい日々を送っているという。訪日直前の8月、本紙取材に対し、ほとんど日本語が話せなかったメリッサちゃんだが、わずか3カ月余りで学校の友達との会話にほぼ不自由ないほど上達したそう。

 メリッサちゃんが日本のテレビ番組にも出演していることから、クラスのほぼ全員が彼女のことを知っていて、転入初日にリクエストに応えて一曲披露し大歓迎をうけた。両親は「日本の学校はイジメが心配」としていたが杞憂に終わった。

 当地ではフェイジョン、アロイスしか食べなかったメリッサちゃんだが、今では「寿司、刺身も好物になり、ほとんどの日本食を食べる」とか。「日本の学校は自分で掃除する」などと慣れない習慣に当初は戸惑ったが、今ではすっかり慣れてきたという。

 神奈川県中央部から週2回、2時間かけて都心の鈴木淳さんのスタジオにレッスンに通う。朝学校へ行き、午後3時くらいまで授業を受け、夜10時くらいに帰宅後、学校の宿題も欠かさずこなすという生活だ。ミウトンさんは「休む暇もないけれど、歌うことが大好きなので、文句ひとつ言わずに楽しんでいる」と微笑む。

 八代亜紀に「なみだ恋」を提供して120万枚の大ヒットさせた鈴木淳さんだけに、厳しい指導で有名だが、メリッサちゃんのことをとても気に入って熱心に教えており、将来は彼女をインターナショナルな歌手に育てたいとの抱負を持っているという。ポ語の歌詞も交えた曲作りにも挑戦中だとか。

 すでにオリジナル曲が数曲作られ、来年前半には収録する予定もあるという。デビューの具体的な日程こそ明らかにされていないが、彼女の歌声をテレビなどで聴けるのは、そう遠い未来ではなさそうだ。来年は当地開催のW杯、16年のリオ五輪、その後はさらに東京五輪と続く中で、彼女の歌声が両国の懸け橋となって国際的に響くかもしれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」2018年11月14日 熊本県文化交流協会60周年祝う=54人の大型慶祝団迎え=田呂丸会長「留学生・研修生の存続を」  ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)の創立60周年記念式典(小山田祥雄実行委員長)が、サンパウロ市の同会館で4日に開催され、母県からは小野泰輔副知事、森浩二県議会副議長、松田三郎県議、植松浩二熊本市副市長、田辺正信(まさのぶ)同市副議長らを始め、熊本日伯協会( […]
  • 『日本文化3巻』販売開始=ブラジルが見習うべき8編を収録=日本の精神、日系の次世代へ2016年9月16日 『日本文化3巻』販売開始=ブラジルが見習うべき8編を収録=日本の精神、日系の次世代へ  サンパウロ青年図書館とニッケイ新聞は12日、『日本文化(Cultura […]
  • 樹海2014年12月27日 樹海  本紙サイトで連載していた『竹内香苗のブラジル便り』が先週の第45回をもって終了した。竹内さんは愛知県出身のフリーアナウンサー。夫のブラジル赴任に伴い12年にTBSを退社し、同年11月からサンパウロ市に滞在していた。食や観光、W杯にクリスマス。日本から来たばかりの新鮮な目線 […]
  • 大耳小耳2014年10月17日 大耳小耳  様々な支援活動を行ってきたNIATRE。時には職員が役所まで書類申請の付き添いに行ったこともあるとか。また昭栄奨学生の中にも、同所を通じて制度の存在を知った者もいる。利用者からは閉所を惜しむメールも届いており、ISECの吉岡黎明会長は「ボランティアでも続ける覚悟はある」と […]