ホーム | 連載 | 2010年 | 日本語教師リレーエッセイ | 日本語教育リレーエッセイ=第16回=ゴイアス日本語モデル校=桑江良勝=僕の日本語学校

日本語教育リレーエッセイ=第16回=ゴイアス日本語モデル校=桑江良勝=僕の日本語学校

ニッケイ新聞 2011年2月12日付け

 僕の名前は桑江良勝です。16歳です。高校2年生です。ゴイアスのゴイアニアに住んでいます。ゴイアニアはとてもいい町だと思います。なぜなら色々な楽しい所があります。その中には日本語学校があります。
 ゴイアニアの日本語学校の名前はゴイアス日本語モデル校です。日本語学校はゴイアス日伯協会の中にありますが、実は日本語学校で勉強している人は協会に通っている人だけではありません。だれでも勉強することができます。
 僕は子供の時から学校で日本語を勉強しています。初めは日本語の勉強はあまり好きではありませんでしたけど、毎年だんだんと日本語の勉強に興味をいだくようになりました。そして日本についても、もっと好きになりました。
 授業は週に1回あります。僕は4時半から6時半まで日本語を勉強していますが、2時から4時まで授業もあります。
 日本語学校ではたくさんのイベントが行われます。たとえばお話し大会とかHalloweenとか文化祭などです。文化祭は日本語学校の一番大きなイベントです。先生と生徒たちがいっしょに頑張って、毎年もっと大きい文化祭にしています。楽しい発表といろいろなコンテストがありますし、おいしい食べ物もたくさん食べられますし、すごく楽しいです。本当に日本の文化祭みたい。
 去年、僕は日本語の勉強をがんばって、JICA日本語生徒研修に受かりました。そして日本へ行くことができました。本当にうれしかったです。夢がかないましたから。
 僕は1カ月間JICA横浜センターにいました。日本の文化についてたくさん習うことができたり、色々な素晴らしい所へ行くことができたり、友達もいっぱいできました。最高の研修でした。試験に受かるのが難しかったですが、先生方が色々手伝ってくれて、僕は何とか受かることができました。学校の皆様に本当に感謝しています。
 僕は日本語学校でいろいろな楽しい思い出があります。大切な友達もたくさんいます。僕の日本語学校が大好きです。


image_print

こちらの記事もどうぞ