ホーム | 連載 | 2010年 | 日本語教師リレーエッセイ | 日本語教育リレーエッセイ=第19回=ルーツ探し:1=日本語のセンセイの独り言=レジストロ日伯文化協会日語校=福澤一興

日本語教育リレーエッセイ=第19回=ルーツ探し:1=日本語のセンセイの独り言=レジストロ日伯文化協会日語校=福澤一興

ニッケイ新聞 2011年3月5日付け

 私が日ごろ考えている、レジストロの日本語学校の現状と私なりに日本語について考えている事を記してみたい。
 レジストロ文協の日本語学校はここ数年来70名前後の生徒が学んでいて、その内分けは8割弱が主に日系三、四世の児童生徒で残りは日系、非日系の成人である。教師は3名で2名の女性の教師は児童を、そして私は成人のクラスを受け持ち始めてやっと5年目を迎えた。が、私は若くはない70歳のジジイである。
 これまで〃モノ作り〃で生きてきた私はどんな仕事にも一つのサイクルがあり、そのサイクルを積み重ねることで熟達し、いわゆるベテランといわれるようになるものとばかり考えていたが、教室の中の私にはまだそのサイクルがあるのかどうかさえ見えてきていない。
 失礼な言い方を承知で言うと今の私がお相手しているのがモノとヒトの違いから来るのだろうが、それにしても今でも授業の前には緊張感が伴う。この緊張感が消えたときがベテランの域に達したといわれるのだろうが果たしてその日が来るのかどうかさえ分からない。言い換えれば毎日が〃新しい〃といえる。
 教壇に立ち始めて2年目を迎えた頃、フト、私の生徒はもしかしたら日本語学習を通じて自分のアイデンティティーをしっかり掴みたいのではないかと感じたので、それならばそれも授業の目的の一つに加え少しでも手助けになればと考え授業時間の一部を歴史や文化について話し合う時間を設けた。
 授業の内容は多岐に亘るが基本的には私も一緒になって『私たちって何だ』という事をコツコツと『お勉強しましょう』そしてこれを続ける事で生徒が素直な気持ちで何かを掴んでくれれば良いがと(とてもむずかしいが)願っている。
 が、問題がある。そもそも、私自体こんな事になろうとは今まで思ってもいなかったので分からない事ばかりか、生徒の質問に答えられないこともしばしばある。分からない事は聞いてください、その場で答えられなかったら家に持ち帰り調べてお答えします。とこの授業を始める前にいった手前もあり、私の教室では先生から生徒への宿題は出さないが逆現象は日常茶飯事である。
 この様に誠に頼りないセンセイであるが私は文協の教育部長も兼任させていただいている。
 冒頭に書いた通り、文協の日語校の生徒数は現在横ばい状態である。今後この数字が増えるのか減るのかわからないが、これが日系家族数が1千数百を数える地方の都市で、日本人が作った最初の植民地の現状である。
 これはいずこでも同じであろうが児童生徒の父兄の日常語はポルトガル語であり、児童の一日もブラジルの教育を受けるほかにもさまざまなスケジュールでうまった生活を送っている。
 このような状態の中でレジストロの日系社会全体として過去において、一度は失わざるを得なかった日本語への関心を取り戻すのは地道な努力が求められる。
 その一つは日系社会の中心的な存在と考えられる文協の活動であり、もう一つは日語校のあり方にかかっている、と結論は至極当たり前の話になってしまう。
 まず文協の活動が日語校に及ぼす影響・効果であるが、さいわいレジストロ文協は他の文協同様さまざまな文化活動を目的とした部がそれぞれ活動していて、それらの部活動が相乗効果を生んで日語校の生徒数を維持している。もっとも、この陰で先生方のたゆまない努力があってこそということも付記しておく。
 さらに文協の活動をより多くの人に理解してもらうためにはまず文協に足を運んでもらう事だとの意味合いからと、資金集めのためレジストロ文協は今年から二月に一度親睦を兼ねた昼食会が催すことになり、近々第1回目の昼食会が開かれる。
 日語校にとって喜ばしい企画なのでこのチャンスを利用し一般の人の日本語への関心を少しでも取り戻す事が出来るように日語校も具体案の作成に取り掛かった。
 レジストロの文協は、何が何でも日語校だけはというような雰囲気は無いが極めて、現状に沿ったあり方を維持し日語校に対応してくれているのでこれはありがたい。
 二つ目の日語校のあり方のついては一言で言えば継承日本語教育という事に落ち着く。ただし、うわべだけでは困ると考えている。
 かなり以前、サンパウロ近郊の日系社会のリーダーと話をしていた折に話題が文協の事になり、そのリーダーが『日本語学校を中心にすえないで何のための文協だ』と言われたのを今でも覚えているが、そのような考え方が普通の考え方だとする世代が減少し続ける現在、日語校と日語校教師はともすれば孤立状態に陥らないとも限らない。これからは教師の横のつながりを強めるため、と言っても傷の舐めあいと言う意味ではない、日本語センターをはじめ、聖南西教育研究会の存在は重要性が増すと考える今日この頃です。

写真=福澤さん(右)


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 国費留学生が日本へ出発=総領事館で歓迎会2014年4月12日 国費留学生が日本へ出発=総領事館で歓迎会 ニッケイ新聞 2014年4月12日  在サンパウロ日本国総領事館(福嶌教輝総領事)が先月19日午後5時から、同館多目的ホールで「2014年国費留学生歓送会」を行った。学部5人、専修1人、研究13人の計19人の留学生が今月渡日し、1~5年間日本の大学で学ぶ。 佐野浩明首席領事や鈴 […]
  • 講義をするモラレス松原礼子教授2014年2月14日 「社会に開かれた日語教育を」=聖南西日本語教師研修会=(上)=松原教授が歴史踏まえ提言=今後のあり方を模索 ニッケイ新聞 2014年2月14日 継承か、日本文化普及のための日本語教育か―。日系子弟の生徒が減少し、アニメなどから日本語学習をはじめる成人学習者が増加傾向にあるなか、今、コロニアの日本語教師は何を目指しているのか。日本語教師が3日間集まり、教授法から学校運営に関すること […]