ホーム | 連載 | 2011年 | 東日本大震災支援キャンペーン | 東日本大震災支援キャンペーン=ガンバロウ!=ニッポン〜小島友四郎(福島県人会会長)

東日本大震災支援キャンペーン=ガンバロウ!=ニッポン〜小島友四郎(福島県人会会長)

ニッケイ新聞 2011年4月2日付け

 はじめに東北関東大震災の犠牲者に対し、心からの哀悼の意を表したいと思います。そしてまた、全被災地に対しお見舞申し上げます。
 このたびの、観測史上最大の地震そして大津波により壊滅的被害を受けた岩手、宮城、福島の各都市。2週間が過ぎた今なお、避難所の不自由な環境での生活、さらには先行きの見えない毎日を送っておられる多くの方々がいる姿をテレビで見るたびに心を痛めております。
 被災地では地震で家も何もかもがなくなり、やむなく避難所へとなったわけですが、福島の場合は原発の問題で、家や土地には被害はなかったものの、先祖からの家、土地、家畜までそのままにして避難指示に従って泣く泣く避難しました。原発問題で避難した方達に限っては、残してきた家にはいつ帰ることができるでしょうか。
 また元の所で農業を営むことができるのでしょうか。これは農業に限らず、商業、工業についても立ち行かないわけで、それではいつになったら戻れるのだろうかということになります。この答えは原発事故がいつ収まるのかによってのみ決まるわけで、本当に福島が案じられてなりません。
 かといって、この文明社会を維持していくためには、この原発問題は避けて通る事のできない問題なので、今やこれは福島だけの問題ではなく、すでに地球規模の問題なのです。今世界中から専門家達が来日し、多くの専門家達により検討に検討を重ねてこの原発事故の解決に当たっているのだと思いますが、この問題の解決は成るのでしょうか。
 この難しい原発問題が終息して初めて、福島の本当の復興が始まるのだと思います。福島の皆さんはじめ、日本の皆さんを県人会をあげて応援させていただきます。


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年4月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月26日  AGCがフィーゴ氏へアンバサダーを要請したのは、「現役時代、彼は得意のドリブルで道を切り開いてきた。引退後も社会活動に熱心で、その2点が社風と一致した」と石村社長は説明した。昨年6月のコンフェデ杯ではラモス瑠偉氏がアンバサダー務めており、今 […]
  • 最高齢百歳、自慢の喉披露=日本民謡大会、27日2014年4月23日 最高齢百歳、自慢の喉披露=日本民謡大会、27日 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が『第47回日本民謡ブラジル大会』を、27日午前8時半から宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, […]
  • 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事2014年3月12日 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日、ブラジル宮城県人会をはじめとする東日本大震災の被災3県人会共催の下、本式典を開催いただきますことに、心から感謝申し上げます。  時間の経過とともに、震災の記憶の風化が懸念される中、多くの皆様の御尽力により、遠く離れた御地ブラジルでこ […]
  • 黙祷をささげる関係者2014年3月12日 岩手、宮城、福島が3.11追悼式=「がんばれ日本、東北!」=復興祈り、黙とう捧げる=明るい近況報告も届く ニッケイ新聞 2014年3月12日 「復興に向け、着実に一歩ずつ」。岩手、宮城、福島の3県人会が11日午後2時から、宮城県人会館で『東日本大震災3周忌追悼式』を行った。震災発生日に合わせた平日開催にも関わらず、約100人が集まり犠牲者に黙とうを捧げた。防災関係者による講習や […]
  • 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事2014年3月12日 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日ここに東日本大震災3周忌追悼式が執り行われるに当たり、福島県民を代表し、謹んで追悼の言葉を捧げます。  開催に御尽力いただきました3県人会を始め、関係者の皆様に心から敬意と感謝の意を表します。  県では地震と津波、原発事故により、あら […]