ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■本村巌氏

■訃報■本村巌氏

ニッケイ新聞 2011年4月12日付け

 ABC文化協会、伯国相撲連盟役員などを歴任した本村巌さんが9日午前0時35分、心臓麻痺のため死去した。82歳。自宅浴室で倒れ、意識が回復しないまま亡くなった。
 1928年聖州サントアナスタシオ生まれ。子供時代にサントアンドレーへ移転した。
 ABC文化協会の創設から理事長、役員を歴任。自宅に「聖愛日語学園」を開設し、日系子弟に対する日本語教育にも努めるなど、地域日系社会の発展に尽力した。ABC相撲協会、ブラジル相撲連盟の役員として相撲の普及、発展にも力を注いだ。救済会理事、サントアンドレー商工会議所名誉会員。2007年秋の叙勲で旭日双光章を受章している。
 9日に同市アスンソン墓地で通夜、告別式が営まれ、同日午後4時半に埋葬された。
 初七日法要は15日午後8時からサントアンドレー西本願寺(R. Itarare, 158)で行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ