ホーム | 日系社会ニュース | 援協定例役員会=病院30周年式典9月22日に=PIPA本部建設、移転へ

援協定例役員会=病院30周年式典9月22日に=PIPA本部建設、移転へ

帰国するJICAボランティアの増田さん、伊牟田さん、与那嶺さん

帰国するJICAボランティアの増田さん、伊牟田さん、与那嶺さん

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は『5月度定例役員会』を、24日午前11時半から援協本部ビルで開催した。
 冒頭、与儀会長は先月28日の定期総会が「何事もなく無事にできた」として、昨年度事業及び決算報告、今年度事業計画及び予算が承認されたことを報告。評議員から日程変更の要望が出ていた「日伯友好病院創立30周年記念式典」については、9月22日(日)午前11時に変更されたと発表した。
 また、当日の議題では日伯友好病院創立30周年記念委員会並びに、自閉症児療育学級(PIPA)本部建設委員会のメンバーを承認。
 後者については、将来的な生徒数の増加を念頭に新たに本部の建設、移転を見込む。井上健治副会長によれば、今後、州政府と交渉し、午前、午後の2部制への移行を検討してゆくという。
 その後、各委員会、各施設から報告を実施。さくらホームは7月21日から4週間に及び開催される「第50回桜まつり」に向け、整備が進む日本庭園造園の進捗状況について報告。そのほか、あけぼのホームでも7月29日に「第40回つつじ祭り」が行われるなど、今後イベントが目白押しだ。
 また、JICAボランティアで援協傘下の各施設に派遣されていた与那嶺順子さん、伊牟田浩子さん、増田愛さんの3氏が帰国挨拶。任期を終えて充実した面持ちで、それぞれ援協に対して感謝の意を述べた。
 日伯友好病院を除く、先月の決算は101万795レアルの赤字を計上。ただし病院を含む全体では、約739レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成2021年1月16日 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成  昨年12月17日にサンパウロ日伯援護協会(当時・与儀昭雄会長)は聖市リベルダーデ区の本部ビルで12月の定例役員会を開催した。与儀会長は冒頭挨拶で「長い4年間一緒に頑張って下さり有難う御座います」と感謝を述べ、税田清七新会長へ後事を託した。  与儀会長は、エドゥアルド […]
  • 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」2021年1月14日 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」  日系5団体による新年会が8日午後7時からオンラインで開催された。司会の上原テリオさんは「右足から素晴らしい新年を始めましょう」、中里クラウジアさんは「昨年は沢山のことを学んだ。良い新年を迎えましょう」と呼びかけた。第1部では式典、第2部では文化紹介を行った。当日は山田 […]
  • 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から2021年1月13日 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から  サンパウロ日伯援護協会(当時は与儀昭雄会長)の旧年最後の定例役員会が12月17日に開かれ、評議員をつとめながら資金や物資、アパートの寄付などを長年行ってきた内村俊一さん(熊本県出身、85)に感謝状が授与された。  同定例役員会の寄付報告では11月だけでも福祉部・サン […]
  • 慈善リッファ賞品を譲渡=日系福祉4団体から車など2021年1月9日 慈善リッファ賞品を譲渡=日系福祉4団体から車など  昨年12月22日、日系福祉4団体(こどものその、憩の園、希望の家、援協)共催による慈善リッファの賞品譲渡式が援協本部ビル5階で開かれた。  例年、4団体で慈善ディナーショーを開催していたが、本年はコロナ禍の影響でリッファのみだった。1等にはコンパクトカーのフィアット […]
  • ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望2021年1月5日 ≪記者コラム≫コロナ世界大恐慌の日系社会を回顧、新年を展望 「コロナ世界大恐慌」的様相を呈した2020年  「自分が生きている間に、こんなひどいことが起きるなんて想像もできなかった」―パンデミックの間、編集部に電話をくれたたくさんの読者と話をしていて異口同音にこの台詞を聞いた。読者の大半は80代、90代だから、昨年我々はどれだけ特殊な […]