ホーム | 日系社会ニュース | デカセギねらう新たな手口か=スザノ=福博村で偽装強盗=連警装い家に侵入

デカセギねらう新たな手口か=スザノ=福博村で偽装強盗=連警装い家に侵入

ニッケイ新聞 2011年4月26日付け

 日本から一時帰国した日系人を狙った強盗事件が17日早朝、スザノ市の福博植民地(福博村)で起こった。空港から自宅に着いた時を狙うのはたびたび聞く手口だが、今回の事件は帰国から10日後に発生している点が異なる。しかも強盗グループは連邦警察の制服、装備を身につけていたという。訪日就労者の帰伯が続く現在、同村関係者は「どこでも起き得る事」と注意を促している。

 事件が起こったのは17日午前6時10分頃。福博村の外れで農業を営む二世男性A氏(50代)宅の外からA氏らを呼ぶ声が聞こえた。見ると連邦警察の服装をした男4人の姿があった。
 この10日ほど前、日本に住むA氏の家族4人が一時帰国していた。実は2年前に同じ家族が一時帰国した際にも空港からつけられ、強盗の被害に遭っている。
 今度も強盗だと直感したA氏は夫人に警察へ連絡するよう指示。その間外の一団は名前を呼び続け、ついには家の玄関ドアを蹴り始めた。さらに窓ガラスを割り始めるに至り、やむなくドアを開けた。
 入ってきた4人組のうち、50代ぐらいのリーダーと見られる一人が持っていた機関銃でA氏を突こうとした。A氏はかわした。「なぜ開けなかった」と詰問する男性。A氏が強盗と思ったことを告げると、自分達が連邦警察の人間だと名乗り、帰国した家族の荷物に疑いがあるため調べに来たと告げた。
 名指しされた人物は不在だったが、一団の3人が部屋の物色を開始。鞄や装飾品、カメラなどを机に並べていった。
 その時、家の電話が鳴った。知人からの通報を受けた地元の警察からだった。トイレに入っていたA氏に代わって応対した夫人は「誰もいない」と返答。電話を切った後リーダーから問い詰められたが、業者からと機転を利かせて乗り切った。
 物色が始まって約1時間が過ぎた時、リーダー男性の携帯電話が鳴った。電話を受けた男性は突然「行くぞ」とポ語で他の3人に知らせ、一団は立ち去った。A氏たちが気がつくと、机に置かれた物のうち、レアル、ドルなど現金と金の入った鞄が持ち去られていた。一団が去って10分後、スザノの警察が到着した。もう少し早ければ銃撃戦にもなり得るところだった。A氏は後日出頭し、事件のあらましを説明したという。
 この日、事件が起こる前の早朝には、被害者宅の付近で不審な大型車が目撃されており、犯行グループの周到な準備をうかがわせる。犯行中の電話は、他に見張りの人間がいたことを示している。被害者によれば、一団の服装も本物と見間違えるほどで、リーダーの言葉遣いは正しいものだったという。
 帰伯後しばらく経って安心したところを狙った今回の強盗事件。帰伯者はブラジルに到着した時から家に着くまで、おかしな点がないか一貫して注意が必要だ。
 事件を知る同村関係者は、「強盗に入られたらしょうがないが、被害を少なくすることはできる。金を一カ所に集めないなどの対策が必要」と語る。さらに、「これからどんどん、日本から戻ってくる。スザノだけでなく、これは日系社会の問題だと思う」と警鐘を鳴らしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]