ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■大塚次郎

■訃報■大塚次郎

ニッケイ新聞 2011年6月17日付け

 「大塚のテーブル」で有名な大塚次郎さんが糖尿病悪化と心不全のため、11日にモジ・ダス・クルーゼス市内のクリニカ病院で亡くなった。行年は73歳。
 愛知県出身、1961年7月にボイスヴェン号で渡伯した。エンブイアの丸木をそのまま使った「大塚のテーブル」で有名になり、特に80年代に進出企業駐在員のブラジル土産として好まれた。
 四十九日の法要は7月24日午後3時からモジ市禅源寺(R. Padre Eustaquio, 109,-Mogi das Cruzes)で行われる。喪主は長女・梨香さん。問い合わせは自宅(電話=11・4724・8781)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ