ホーム | 特集 | 祝103周年 移民の日特集 | ご支援や応援に感謝=内閣総理大臣 菅 直人

ご支援や応援に感謝=内閣総理大臣 菅 直人

祝103周年 移民の日特集

ニッケイ新聞 2011年6月30日付け

 ブラジル日本移民103周年を迎えるに当たり、心からお慶び申し上げます。
 はじめに、先般の東日本大震災に際して、ブラジルに居住する日本人移住者及び日系人の方々から、多大なる御支援、お見舞いのメッセージを頂きましたことに改めて御礼申し上げます。
 我が国は未曾有の大災害に直面しましたがブラジル政府からは、震災直後に、ルセーフ大統領からお見舞いメッセージを頂きました。
 その他にも、ブラジル国内の様々な方面から心温まる御支援を頂き、日本国民全体が大いに励まされました。
 地球の反対側で、これほど重要な親日国が存在するのは、ひとえに、100年以上も前からブラジルへ移住し、苦労を重ねた移民の方々の御尽力の賜物であると確信しております。
 今日、ブラジルは新興国のリーダーとして、世界の新たな潮流を牽引する存在であり、経済面の他、地球規模問題の解決においても多大な影響力を有する重要な国と認識されています。
 既に、日本とブラジルの間には、アフリカにおける第三国協力や南米での地上デジタルテレビ放送における二国間協力の成功例がありますが、これからも両国を繋ぐ架け橋として、ブラジル社会の果たす役割はますます重要なものになると考えております。
 さらに現在では、日本国内に30万人近くのブラジルの方々が生活されており、我が国の社会で活躍されています。
 こうした両国の幾重もの人の絆が、今後、両国の一層の友好と相互理解の増進につながっていくことと期待しています。
 最後に、気候・言葉・習慣も異なるブラジルの大地で、努力を重ねて今日の日系社会の礎を築いてこられた移住者・日系人の皆様の御尽力に深く敬意を表し、ブラジルにおける日系社会の更なる御発展を心からお祈りいたします。

image_print

こちらの記事もどうぞ