ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年7月20日付け

 チリの内閣改造が行われ、22人の閣僚中8人が交代した。現政権に対し様々な形の抗議行動が行われている同国では、教育改革を求めて大統領宮殿の周りを1800時間走り続けるという運動も起き、学生や子供、運動選手から観光客までが参加を申し入れている。8月末まで続く1800時間マラソンと並行し、スーパーマンなどの衣装を身に着けた学生が一斉にダンスをしながら教育予算増額請求を行った様子は、ブラジルでも19日朝のニュースで流れた。
     ◎
 サンパウロ市などではカラカラ天気だが、北東伯では、ペルナンブコ州で洪水や土砂崩れによる死者の報告が出ている他、パライバ州でも26市が大雨で非常事態宣言。国道を含む幹線道路が分断され、多くの人が避難生活を余儀なくされており、地域の死者は10人に。温暖化も絡んだ天災は多雨に乾燥と両方向に激化する傾向があり、米国で4月に発表された、温暖化でオキアミが激減し南極のペンギン達の餌の減少が懸念されるとの研究の通り、南伯でペンギンの死体多数発見との報道も。
     ◎
 サンパウロ市の地下鉄の駅で開催されるイベントは音楽の演奏や展示など多岐にわたり、仕事帰りなどに足を止めて楽しむ人も多い。19日付フォーリャ紙サイト紹介のサンベントでのイベントはピザの箱に著名な画家の名画を描いたもの。リサイクルにも様々な方法が…。

image_print

こちらの記事もどうぞ