ホーム | 日系社会ニュース | 野村アウレリオサンパウロ市議=活動報告のため来社=「市民の生活向上を優先」

野村アウレリオサンパウロ市議=活動報告のため来社=「市民の生活向上を優先」

ニッケイ新聞 2011年8月2日付け

 今年2月からサンパウロ市議として4度目の議員活動に入った野村アウレリオ氏(PV、56)が13日に本紙を訪れ、6月までの活動を報告した。
 昨年10月の統一選挙で、PV党首のジョゼ・ルイス・ペンナ元サンパウロ市議が連邦下議に当選したことを受け、繰上げ当選。2年ぶりに市議へ復帰していた。
 現在までに300以上の法案を提出。05年に可決された「水の保全と効果的利用」に関する法案の一部は既に導入されており、「市内1300の学校で、水道の部品交換などで1日3千万リットルの節水が実現した」との成果を話す。
 今年5月からは市内600か所の医療施設で同様の試みが導入されつつあり、「毎月4千万リットルの節水が見込まれる」と期待する。
 市民生活の質向上に取り組む議会内の委員会に所属していることから、「自転車専用道路の拡張など、交通手段に対する長期的投資を訴えてきた」と力を込める。
 イタケーラに建設予定のコリンチャンス・スタジアムの免税(最大4億2千万レ)が可決されたことについて、「教育や医療に使われるべきだった」と述べ、イベントよりも市民生活を優先すべきとの考えを主張した。
 また、東日本大震災被災者への支援、復興への祈りを議会で呼びかけ、文協大講堂(17日)での全宗教ミサ開催に尽力。同日、サウーデ文化体育協会の婦人部長を長年務める金盛巴さんの表彰を推薦、市議会で式典を行ったこともあわせて報告した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2012年6月2日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年6月2日付け […]
  • 大耳小耳2011年8月2日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年8月2日付け  先月31日に行われた第8回ブラジル太鼓選手権大会。前日の朝から前乗りし、会場の準備をする若者達の姿があった。 […]
  • 大耳小耳2011年3月22日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年3月22日付け […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]