ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年8月5日付け

 平和市長会議に近く加盟するサンパウロ州ボツカツ市で原爆展が1日に始まった。中国新聞が報じた。開会式典では松井一実広島市長との会議が行われ、ジョアン・クリイ・ネット市長は、「2020年までの核兵器廃絶を目指したい」と述べ、加盟申請書にサインしたという。同会議には現在151カ国の4892都市、ブラジルでは61都市が加盟している。
     ◎
 林隆春さんは、「大震災から5月までは若者ですら半分が失業していた状態だった」という。「7月から若い人の仕事は増え、9月以降失業はほぼなくなる」と見ている。だが、問題はまったく雇用がない50代以上だ。そしてこの層が年々増えてきている。「かつては5〜7%が日本で自宅を購入していたが、今ではこのビジネス自体が完全に崩壊した。安定した生活を送るものが極端に減り、雇用の底が浅くなった(質が悪くなった)からだ」という。最盛期の08年には32万人をえた在日ブラジル人だが、現在は24万人。少なくなったとはいえ、問題が山積している状況を思えば〃重い数字〃といえそうだ。
     ◎
 80年代に商議所の会頭を務めた別役道昌さんが亡くなった。同郷で旧制中学の同窓でもある田村吾郎さん(経済報知元代表)は、「パーティでも自前の灰皿を持って歩くほどの愛煙家。『死ぬまで煙草は止めますまい』と互いに約束したもの」と懐かしみ、「あれほどコロニアのことを考えてくれた商議所会頭はいなかったんじゃないかな」とポツリ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • CIATEコラボ会議、25、26日=在日ブラジル人の日本社会統合テーマに2018年8月21日 CIATEコラボ会議、25、26日=在日ブラジル人の日本社会統合テーマに  CIATE(国外就労情報援護センター、二宮正人理事長)は、『2018年度CIATEコラボラドーレス会議』を25、26日午前9時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, […]
  • 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)2017年10月17日 《ブラジル》CIATEコラボ会議=「日系人就労者の軌跡と未来」=日系四世のWH制度も(下)  8日の会議では訪日就労者に関する研究を行う専門家なども講演した。今会議のためにブラジルに訪問した尾崎正利労働研究所所長は「日本で事業活動を展開する日系ブラジル人就労者の軌跡」の中間発表を行った。      在日ブラジル人就労者の日本における起 […]
  • 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国2017年3月9日 充実の2年終え涙と感謝=JICAボランティア経験糧に帰国  独立行政法人国際協力機構(JICA)は21日、サンパウロ市ニッケイパレスホテルで「2015年度派遣現職教員ボランティア帰国報告会」を開催し、3月に帰国予定の6人がポルトガル語で発表を行った。  清水丈嘉さん(ブラジリア学園)は「授業内容がほとんど決まっていた日本とは違い […]
  • ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み2015年10月9日 ブラジルだから人情話!=浪曲師春野さん公演へ意気込み  【既報関連】今週末に行われる公演のため、浪曲師の春野恵子さんが7日、着聖した。当地の浪曲文化を知り、自らブラジル公演を発案したという春野さんに、公演への意気込みを聞いた。 春野さんは2014年のニューヨーク公演成功を皮切りに、積極的に国外公演を行う。その中で浪曲文化の根付く当 […]