ホーム | 特集 | 【第8回ブラジル太鼓選手権大会】還暦前後で練習始める=熟年の技「みずほ和太鼓」

【第8回ブラジル太鼓選手権大会】還暦前後で練習始める=熟年の技「みずほ和太鼓」

ニッケイ新聞 2011年8月6日付け

 10代、20代の出場者が多かった太鼓選手権大会だがマスターの演奏も負けずに盛り上りを見せた。その1つ「みずほ和太鼓」はサンベルナルド・ド・カンポの瑞穂村に住む6人のチームだ。
 既に他のチームで太鼓を叩いていたリーダーの中原アルツールさん(68、二世)が03年に、「そろそろチームを立ち上げてみてはどうか」と提案して結成。当時チームに誘われた妹のルイザさん(58)は、「太鼓は男が叩くもの」との印象を持っていた。「でも叩いてみたらストレス発散に最高。8年間続いています」と話す。
 そのルイザさんが姉ローザさん(62)を誘ったのは3カ月前、今大会が舞台デビューだという。「太鼓には家族を巻き込む力がある。家でも自然に太鼓の話になってしまいますね」と嬉しそうな表情だ。
 同地で日本語学校の教師を務める上原ヒロミさん(52、二世)はジュニアのリーダーである息子のブルーノさん(三世)に太鼓を勧められ、2年前から始めた。「一生懸命に太鼓を打つ姿を見ていたら」と動機を語る。「ジュニアとは練習時間が違うから太鼓の話は私達も家で。7月は毎日に増えましたね」。
 大橋エレナ明子さん(63、二世)とソーザセシリア米子さん(58)の姉妹も同じく2年前から開始。「村のお祭りでもずっと気になっていた。エネルギーをぶつけて音を出す感覚は忘れられないです」と笑顔で話した。
 「リハーサルでも緊張したのに本番ではどうなるやら…」とルイザさんは話していたが、威勢のいい掛け声や難しいリズムをこなし、会場からは暖かい拍手が送られていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]