ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年8月9日付け

 パラー州3分割案が出ている中、分割反対派が反対キャンペーンに一役買ってもらおうと目を付けたのは、同州出身の若手サッカー選手、サントスのガンソ。同選手の返事はOKとの記事に、北東伯の経済力が伸びてきたとはいえ、より大きな力を必要とする時に小さな州では自力解決が難しい、分割後の州政府や国の経済負担が増すなどのマイナス面分析以前の州民感情は、と改めて考えさせられる。
     ◎
 サンパウロ市セントロのパリで開かれていた〃フェイラ・ダ・マドルガーダ〃が6日に閉鎖された。買い物客がバスで乗りつけるほど人気の未明市は、海賊版や領収証もない不正売買の品が横行する事でも知られており、6日の捜索でも海賊版が押収物品の半分を占めた。汚職や脱税を嫌う当局は、数週間に渡って撮影されたビデオなどをもとに不正を摘発。正規の手続きを経て商売する人々の傍らで不正な売買をする商人が後を絶たないため、パリのフェイラは8日も全店閉鎖のまま。投石や角材を使った抗議行動には、市警備員も催涙ガスなどで応戦したという。
     ◎
 世界保健機構が、新興国での肥満増加に警鐘を鳴らしている。中国では肥満者が30年間で5倍以上になり、南アフリカの肥満率は米国以上。適正体重を超える人や肥満状態の人はブラジルでも増えており、経済力伸長には正しい食の知識も必要。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞2019年8月21日 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞  ニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が今月9日、サンパウロ市議会の貴賓室で盛大に開催された。戦後の勝ち負け抗争で二分された日系社会において、スポーツ振興を通じて融和を図る目的で創設された同賞。今年は19部門から25人が受賞し、家族や友人らも合わ […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボウソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボウソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]