ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年8月9日付け

 2万人超の死亡と行方不明者を出した大震災は、最大の被害を被った宮城県でも復旧が進み、日々の暮しも将来への明るさが見え始めたのは喜ばしい。新幹線や高速道路も使えるし、沿岸の瓦礫対策も進んでいる。被災地では津波などで命を失った方々の発見や災害復旧に献身した陸自第6師団(久納雄二師団長)も宮城県の村井嘉治知事らに感謝され住民らの拍手に送られながら撤収した▼この歴史的な震災は、尊い人の命もだが、25兆円とも試算される大津波と地震の被害は大きい。震災が起こってからの菅内閣の対策が後手になるの批判もあるし、福島原発の事故という厄介な課題もある。先に賠償支援機構法が成立し、放射能の災禍に苦しむ人々を救う制度が整ったが、この悲しい事故の解決には数十年も掛かるし、その影響も計り知れない▼放射能に蔬菜が被爆し出荷停止になり、飼料の稲束がセシウムを多量に含むために肉牛が殺処分や出荷を禁止されてもいる。そして—主食であるコメも、危なっかしくなり福島や宮城を始め19都府県が、刈り取った玄米を検査するという最悪事態にまで達している。農林省では、調査地点は3000ヶ所とし、一点でも汚染があれば、地域の出荷を禁じると厳しい。だが—農家にとっては何ともやるせない▼もっと面倒なのは、事故発生の原発の廃炉である。この難問を検討している専門家らは「米スリーマイル原発よりも高度の技術が必要」とし、10年単位の時間が掛かると課題は尽きない。と、大震災の復興には、莫大な資金と時間が要る現実を見落としてはなるまい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]