ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 南米最長のバスの旅=大西洋側から太平洋側へ=アンデス乗り越え96時間

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選2015年12月19日 ニッケイ俳壇(869)=富重久子 選 サンパウロ  鈴木文子 大西日こもる熱気の窓を開け 【夏の西日は日中よりも我慢出来ない位の厳しさである。そんな西日から守るために日本では簾を下ろしたり、日除けを廻らせたり又、客を待って打ち水をしたりする。  この句は大西日を受けて、熱気の篭った部屋の窓を、ようやく日の落ち […]
  • 2015年4月8日 ニッケイ俳壇(834)=星野瞳 選    セーラドスクリスタイス   桶口玄海児  マリタカの一群茘枝の畑に来る 若い者に足らぬおやつや畑日永 マンガ樹にマリタカの群今日も来し 西瓜切る九人の子供皆育ち 雨降らす木のある村に喜雨至る    北海道・旭川市       両瀬 辰江  温かや鍋焼うどん麺 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(32)2013年10月26日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(32) ニッケイ新聞 2013年10月26日 「私がブラジルに着いた日、ジョージさんが強盗から救ってくれたんです」 「へー、そうだったのですか・・・」 「西谷さん、ここからトメアスまで何時間くらいかかるのですか?」 […]
  • 慶應大が医学の原点学びに=無医村地帯で医療活動2013年8月31日 慶應大が医学の原点学びに=無医村地帯で医療活動 ニッケイ新聞 2013年8月21日  「医療資源のない場所で医学の原点を学ぶ」ことを目的に、慶應義塾大学医学部・国際医学研究会による『第36次派遣団』が当地を訪れ、インディオの部落やアマゾンなどで医療活動に励んでいる。 […]
  • 明治の精神とコロニア七不思議=大宅壮一「明治が見たければブラジルへ!」の本当の意味=ブラジルは旧世界の裏返し?!2012年6月23日 明治の精神とコロニア七不思議=大宅壮一「明治が見たければブラジルへ!」の本当の意味=ブラジルは旧世界の裏返し?! ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  評論家の大宅壮一は1954年に取材旅行のために来伯した際、「明治の日本が見たければブラジルにいけ!」との名セリフを残したとコロニアでは言い伝えられている。 […]