ホーム | 日系社会ニュース | 関西学院大学=平松教授ら一行が来伯=USPとの学術交流に向け

関西学院大学=平松教授ら一行が来伯=USPとの学術交流に向け

ニッケイ新聞 2011年8月25日付け

 日本の関西学院大学(兵庫県西宮市)が昨年6月、サンパウロ大学(USP)経済学部と学術交流協定を締結したことを受け、来年9月後半に開催予定の学術シンポジウムに向けた協議を行うことなどを目的に、関西学院大学元学長で、現在は商学部教授の平松一夫氏(64、兵庫)ら一行が13日に来伯した。
 平松教授、国際教育・協力センターの豊島美弥子さん(37、京都)、大阪産業大学(大阪府大東市)経営学部の齋藤雅子准教授(42、京都)の3人。
 喜多山重男・関西学院同窓会ブラジル支部長、山本剛介副支部長と共に18日、本紙を訪れた。
 関西学院大学では、世界各国の多くの大学と学術協定を結んでおり、ブラジルではリオ州立大学(UERJ)と提携、留学制度も始まっている。
 USP経済学部とは昨年締結を結んで以降、具体的に交流の話が進んでいなかったため、来年9月に合同シンポジウム、同時に学生の交流も実現すべく、協議が行われたという。
 学生や日本からの駐在員などを対象にするという合同シンポジウムは、「グローバル時代にどのように国際ビジネスを展開するか」という広いテーマで行われる。
 また、ブラジルでは既に導入されている「国際会計基準」の日本での導入を検討するに当たり、どういった問題が想定されるか、具体的にどのように適用するのかなどを探るため、質問やヒアリングを行うという目的もあったという。
 平松教授、齋藤准教授は、「企業や会計事務所で実際どう適用していくのか、検討が必要ですが、我々のような教育現場でも取り上げるべき問題です」と話した。
 国際会計基準はアメリカでも未導入で、日本はそれに倣う形で、組織ごとに任意で導入するかが委ねられているという。
 「住友商事など商社は積極的ですが、製造業ではなかなか難しいようです」と平松教授。
 関西学院大学は1889年、アメリカ人宣教師ウォルター・ラッセル・ランバス氏によって創設された。同氏は数年後に最高職の監督(bishop)に就任、ブラジルに6度訪れたという。
 今回の来伯ではランバス氏が訪れたという教会や、リオ、イグアスの滝などを回った一行。初来伯だった豊島さんは「人が多く活気がある」、齋藤准教授は「日本で情報が少ないので、危ないというイメージだったものの、人種差別も少なく住みやすそう」と、それぞれ笑顔で印象を語った。
 喜多山支部長は、「OB会を活性化する必要がある中、このような交流は会としても喜ばしい」と話していた。
 一行は同日夜に、日本への帰途についた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選2016年9月30日 ニッケイ俳壇(908)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 冬耕や錆びてキコキコ云ふ耕車 背広着し案山子の哀れ見て通る 故国訪い逢えざりし友の賀状来る 河へだて牛啼き交わす夕立晴 色褪せし旱の蝶のとぶばかり […]
  • ニッケイ俳壇 (861)=富重久子 選2015年10月23日 ニッケイ俳壇 (861)=富重久子 選 プ・プルデンテ  小松 八景 南洲に煙突多し日脚伸ぶ 【「南洲に煙突多し」とは、ブラジルでは南にいくほど寒く防寒のため、ストーブを焚いたりペチカを焚いたりするので各家ごとに幾つかの煙突がある。北朝鮮では昔オンドルと言って、床の下に泥で火の通り道をつけどんどん焚口から薪を […]
  • ニッケイ俳壇 (857)=富重久子 選2015年9月24日 ニッケイ俳壇 (857)=富重久子 選 ボツポランガ  青木 駿浪 念願の和牛を試育草青む 【「和牛」は、日本の在来種と輸入種とを使って改良した牛のことで、昔は労役に使っていたが、現在は食肉用として飼育しているとある。  そんな和牛を、自分の農地で試育してみたいという念願があったのであろう。季語の「草青む」が良 […]