ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年8月26日付け

 なぜ百年祭では一般社会からあんなに盛大に祝われたのかをずっと考えている。もちろん日本移民の貢献への高い評価がそうさせたという意見には同意するが、それだけではドイツ系やイタリア系より盛大であった理由は説明しきれない気がする▼知人が通っているバレエ教室のブラジル人教師が、ある日系二世を「セグンダ・ジェラソン。ブラジルで生まれたジャポネースね」と評したとの話を聞き、考え込んだ。一般ブラジル人の多くは一世と二世を我々ほど区別していない▼ジャポネースと一括りにされるのは見かけによる部分が大きい。ブラジルの三大構成要素たる白人、黒人、インディオではないアジア系は一見して区別されやすい。目の前のジャポネースが当地生れのブラジル籍者かどうかより、見かけだけで判断する。二世にしてみれば迷惑な話だ。つまり百周年の時、我々は一世二世の区別なくジャポネースとして祝われた気がする▼ブラジル人は客人に対して驚くほどのオスピタリダーデを発揮して丁重に迎える。つまり百周年で我々が大変なもてなしをされたのは、家人ではなく客人として扱われたからではないかと思い至った。実態としての二世以降の世代は急速にブラジル人化しているが、一般社会からの先入観は依然としてジャポネースに留まっている▼百年祭の時にリベルダーデ駅構内にはよく日本語看板が掲げられ、まるで日系人みんなが日本語を読めるかのような誤解をスポンサーや広告代理店がしていると感じた。一般社会から見たコロニア像と、実態はだいぶズレている。そんな誤解があることを自覚し、むやみに日系人としての自尊心を高めすぎず、謙虚さも忘れないことが大切だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選2015年8月20日 ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎冬日負い軍平胸像顔暗し首ふって歩く他なき時雨牛犬の嗅ぐ物より翔ちし冬の蝶どびろくや転耕とどむ術もなく土深く想思樹の実を植えにけり   セーラドスクリスタイス   桶口玄海児妻掘りし里芋どれも肥えて居し移民妻にある大望や芋の秋移民妻長生 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]