ホーム | 日系社会ニュース | 琉球民謡保存会=30代の教師二人が誕生=座嘉比さん「世代間の架け橋に」=當間さん「次世代への継承に力」

琉球民謡保存会=30代の教師二人が誕生=座嘉比さん「世代間の架け橋に」=當間さん「次世代への継承に力」

ニッケイ新聞 2011年10月1日付け

 琉球民謡保存会沖縄本部が認定する民謡の教師免許を座嘉比シモーネさん(32、二世)と當間ファビオ健児さん(31、三世)が取得した。沖縄県人会本部で25日にあった『第5回民謡の祭典』で授与式があり、二人の指導者である親川世松師範(90、うるま市)から免許状が授与され、記念品、花束が贈呈された。

 民謡を始めて20年以上になるシモーネさんは、「とても嬉しい。免許をもらった責任は大きい。応援してくれた両親や親戚、仲間、コンクールでできた友人に感謝したい」と流暢な日本語で挨拶した。
 03年、沖縄県立芸術大学で古典音楽を学んだ。民謡は10歳で始め、父の座嘉比昇同支部長とともにマウアーの親川師範に入門した。
 「免許を取ったと言っても、まだ生徒の気持ち。30代の教師は初めてだと思うので、先輩と子供たちの架け橋になれれば」と笑顔をみせた。
 8歳で民謡を始めた當間さんは、「音楽はいつも人生の一部。幼少時から民謡に親しみ、今の自分がある。素晴らしい伝統芸能を守っていきたい」と挨拶で話した。
 日本語の歌詞はローマ字で書き移し、意味を覚えていったという。
 「とても満足。小さい頃は難しかったが、父も習っていたので常に励まされながらやってきた」と振り返り、「教える側に立った今、次は次世代に伝えていきたい」と意気込みを見せた。
 二人を指導し、本部に推薦した親川師範は、「二世以降の教師免許保有者は数人しかいないのでは。さらに時間はかかるが、次は師範免許を取得してもらいたい」と若い教師の誕生とこれからに期待を寄せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]