ホーム | 日系社会ニュース | 琉球民謡保存会=民謡の祭典を華やかに=老若男女がのどを披露=約200人が聞き入る

琉球民謡保存会=民謡の祭典を華やかに=老若男女がのどを披露=約200人が聞き入る

ニッケイ新聞 2011年10月4日付け

 琉球民謡保存会ブラジル支部(座嘉比昇支部長)が主催する「第5回民謡の祭典」が25日午後、サンパウロ市リベルダーデ区の沖縄県人会本部で開かれた。約200人が訪れ、会場に終始響き渡った三線と太鼓、ギターの演奏と琉球民謡の調べに熱心に耳を傾け、約6時間にわたり演奏された20のプログラムで一日を楽しんだ。
 保存会会員をはじめ、バウルー、サンタクララ、グアル—リョス、ビラ・プルデンテ、サントスなどから、指導者や新人を含め100人を超える出場者がグループ、個人で次々と舞台に上がり、民謡の独唱や合唱、舞踊など日頃の練習の成果を披露した。
 またこの日、毎年沖縄で開かれている「民謡の祭典」への出場者選考のため、同支部が実施し80人ほどが出場した民謡コンクールで入賞した大城カロリーナさん、宮城美智子さん、国吉隆治さん、グランプリを獲得し沖縄の祭典に出場した仲本末子さん、明男さん夫妻の演奏も披露された。
 開会式では先亡者へ一分間の黙祷が捧げられた後、座嘉比昇支部長は来場者に謝意を示し、「毎年盛大になってきている。盛り沢山のプログラムを楽しんでほしい」と挨拶した。
 保存会の教師と師範らがかぎやで風節、祝い節、鶴亀節を斉唱して幕開けした。
 4番目に発表したバウルー民謡愛好会(12会員)は、4時間かけて来聖。「娘ジントヨー」「島造い」を演奏。一世はおらず、二世が3〜4人のほかは三〜四世で構成されている。ガルサの桜祭りやマリリアの日本祭りで演奏している。
 ビラ・プルデンテから訪れたゲンカ・タリタさん(20、四世)は、一カ月前から三線を始め、今回初出場。小さい頃から沖縄文化に親しんでいたという。
 メンバーと揃いのピンクの半被をまとい、最前列で「安里屋ユンタ」を発表。「皆と一緒だったから、緊張はしませんでした」と楽しんだ様子だった。
 米須正実行委員長は、「レベルはまだまだだが、年々上達している。各支部で皆さん日々練習に励んでいる」と語り、近年は若者の間に愛好者が増えていることについて、「必ず受け継いでくれると思う。頼もしく感じる」と笑顔で話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2014年4月24日 サントス日本祭りに2500人=地元と共に食や舞踊で楽しむ ニッケイ新聞 2013年12月5日 サントス最大の日系イベント「第5回サントス祭り」が同日本人会(関谷アルシデス会長)により、11月30日から2日間、同会館で行われた。のべ約2500人が来場して、日本食などの出店、ステージの出し物、生花・書道のワークショップを楽しんだ。 同日 […]
  • 被災者の声をブラジルに=3人が来伯、現状伝える=講演会、写真展を7月に=県連、被災3県が企画2013年5月25日 被災者の声をブラジルに=3人が来伯、現状伝える=講演会、写真展を7月に=県連、被災3県が企画 ニッケイ新聞 2013年5月25日  ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)が7月の日本祭り開催にあわせ、宮城、岩手、福島の3県から3人の被災者をまねき、『東北被災者招聘交流事業』を行う。22日の県連代表者会議で、実施主体となる国際交流委員会(本橋幹久委員長)から事業の […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]