ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月4日付け

 NYでエイズが発見されたころ「現代のペスト」と恐れられ、世界中の人々が恐怖に取り付かれ怯えた。あれから30年近くになるが、先進国での蔓延が危惧されたけれども、アフリカなどの発展途上国への広がりが深刻になり、国際的な取り組みが実施されているが、完璧な退治には遠い。しかも、治療法は進歩しているが、今も—「完治はしない」▼後進国のエイズ禍は最悪の極に達し、アフリカでは、実際に家族全員が感染や患者になる悲劇も起こっている。こうした哀しみの現実を先進国も笑って見過ごすわけにはいかない。日本でも厚労省のエイズ動向調査によると、新規のエイズウイルス(HIV)感染者と患者の合計が5年連続して過去記録を更新している。昨年の集計によると、新規感染者1048人、患者が400人。このうち90%が男▼どうも、医学技術が進み「エイズは治る」の誤った情報を真実と受けとり信じているような気もする。確かに延命などには効果のある薬品も開発されてはいるが、先述の通り「完治はない」のが正しい。それに—昔は外国で感染が100%だったのに今は国内感染が90%になっている。もっと懸念されるのは、新規感染者が、男性同性間の性的な接触による者が、異性との性的結びつきよりもはるかに多い事実である▼また、感染してから発症するまでに長時間かかるために、配偶者などへの二次感染もありうるのも、エイズ問題を複雑にしている。かといって全国の国民に抗体検査をし、エイズ強制を調べるのも至難だし、難しい課題が山積しているのも困ったことだ。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]