ホーム | 日系社会ニュース | 展覧会『Earth・Love』=小嶋、荒木さんが合同で=絵画や皮工芸など40点

展覧会『Earth・Love』=小嶋、荒木さんが合同で=絵画や皮工芸など40点

ニッケイ新聞 2011年10月6日付け

 画家の小嶋勇さん(72、福岡)、皮工芸家の荒木スミ子さん(同、同)による合同展覧会『Earth・Love〜dois universos』が6〜29日まで芸術文化スペース・ジョー・マベ(Av. Brigadeiro Luis Antonio, 4225, Jardim Paulista)で開かれる。入場無料。
 絵画、オブジェ、タペストリー、パネルなど抽象作品約40点が展示される。
 小嶋さんは福岡学芸大学美術科卒業後、北南米や欧州で遊学。当地に5年間滞在経験があり、「ブラジルの鮮やかで大胆な色彩の使い方に大きな影響を受けた」という。毎年来伯し展覧会を開く。
 初来伯の荒木さんは、長年中学校で美術を教え、退職後は制作活動に専念、皮工芸教室を主宰。日本美術教育に初めて皮を素材として取り入れた先駆者でもある。
 日展(日本美術展覧会)で入賞した際、「審査員から『日展は世界に出るためのステップ。日本文化を背負って仕事をしなさい』と言われ、思い切って小嶋さんに話を持ちかけてみた」と合同展のきっかけを語る。
 使用する素材は麻と皮。植物、動物という対照的な素材を採用した理由を、「悪い事があるから良い事もある。相反するものの根は一つということを伝えたい」と話す。
 案内のため来社した二人は、「多くの人に見に来て頂きたい」と来場を呼びかけている。
 月〜金曜の午前10時〜午後6時、土曜は午後3時まで開館。6日午後7時からイナウグラソンがある。
 問い合わせは同会場(11・3885・7140、3884・1277)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ