ホーム | 日系社会ニュース | 環境浄化技術公社=岡野オタヴィオ氏講演=広島県人会で26日

環境浄化技術公社=岡野オタヴィオ氏講演=広島県人会で26日

ニッケイ新聞 2011年10月19日付け

 ブラジル広島県人会(大西博巳会長)は、サンパウロ州環境浄化技術公社(CETESB)の岡野オタヴィオ代表(63、二世)を招いた講演界を26日午後7時半から、広島文化センター(Rua Tamandare, 800, Liberdade)で開く。参加無料、ポ語。
 1973年サンパウロ大学土木学科卒、化学学士、水質衛生学修士。78年同公社に入社、リ・プレット支社で川や水道、工場排水の水質などを調査、また各種産業の監査・指導を行なった。
 公害管理部長を経て、06年に州立環境組織連合会副会長、同公社代表に就任。現在は公社を通じて講演会を企画するほか、大学で教壇に立つ。
 講演会を企画した平崎靖之理事は、「ショッピング・センター・ノルチのメタンガス漏れを警告した公社です。滅多にない機会です。是非ご参加を」と呼びかけている。
 問い合わせは同県人会(11・3207・5476)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ