ホーム | 特集 | 【祝 福博村入植80周年】戦後移住者が主役=より集約的で合理的経営

【祝 福博村入植80周年】戦後移住者が主役=より集約的で合理的経営

ニッケイ新聞 2011年10月22日付け

 福博村の経済を大きく支えているのは、すべて戦後移民(子ども移民を含む)で、 井野一彦、高木政親、渡邊勇、林幸美、田辺治喜さんの5人が村の各業界大手の大黒柱だ。皆がそれぞれの分野で先進的な技術を持って、単位面積当たり高い収益を上げる集約的な経営を行っており、技術に改良を加えながら時代を先取りしている。村生まれの生え抜き二世も少ないながら育っており、頑張っているのが注目される。

卵生産52万個/日=井野養鶏場 兄弟で経営

 井野一彦社長(69歳)は、弟の槐二(かいじ)さんと井野養鶏場を経営、成鶏を約70万羽飼育して日産52万個の卵を生産している。
 一彦さんは1942年10月6日に茨城県小川町(現小美玉市)に生まれ、1960年4月、17歳の時にオランダ船『ルイス号』で父吉蔵、母小春、弟槐二、妹明海さん5人で渡伯した。小学校6年の国語の作文で「夢は外国に住むこと」と書き、中学1年の時には「俺は日本にはいない」と決意を述べた。アメリカ映画を見て、「白黒」の区別がはっきりしている欧米文化にあこがれた。水戸商業高校卒の父は「パチンコ屋」を経営して生計を立てていた。尊敬する社会科の先生が「社会に不要なもの」とパチンコ屋を暗に批判したことも、海外移住への思いに拍車をかけた。
 県移住課はグアタパラ移住地への移住を勧めたが、雑誌『ラテンアメリカ』の文通希望欄に掲載された福博村在住の山本周助さん(千葉県出身)と文通を始め、福博村へ移住する決意が固まった。山本さんの隣で兼業養鶏をしていた吉川武夫さんから〝居抜き〟で農業施設を買い、養鶏と野菜作りを始めた。1963年には、一彦さんが「我々きょうだいは戦後の貧しかった時代、卵をお湯で溶き、砂糖を混ぜて飲んで育った」と父に言い、「感謝の気持ちもあり、社会的意義のある専業養鶏をやろう」と家族を説得した。
 廃鶏を取り除く仕事以外は、卵の回収、給餌、掃除などすべて機械化、自動化された鶏舎を建てるとき、生産部門を担当してきた弟の槐二さんに「投下資本の回収に何年もかかる」と反対された。一彦さんは「人間が働かなくても機械が働いてくれ、時間さえたてば投資した分は回収できる」と強行に機械化を進めた。
 2006年に汎スザノ文化体育農事協会(ACEAS)が、ブラジル公認の全日制学校『セニブラス校』を造った時、自分の土地を売って多額の寄付をした。昔の福博村会の定款を見て、「政治がやらないなら、自分たちがやる」という気概、福博村建設の精神に共感したという。
 日本人の養鶏家は次々とつぶれていったが、中国人はつぶれていない。中国人の鶏舎内の通路は土のままで、原料は安く買いたたく。それが中国式商売だという。一彦さんには、それができない。「日本を背負っている」という気分があるから、相手の立場を考えてしまい買いたたきができない。情ある商売しかできないが、「情」ある商売こそ共産主義と資本主義を両立させ止揚するものであり、そこに人類が生き残れる「第3の道」があると信じている。
 子どものころ「金を出して買った新聞紙は読んだ後、八つに折って切り習字の練習をし、束ねてひもで結び便所につるしておけば、3回使える」と教えられた。物を大切にし、合理的に考える精神は3男1女の子どもたち、エドワルド邦彦、シルビア美香、アンドレ雄司、ファービオ慶三さんたちにも確実に伝わっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト2020年8月11日 「日系人とスポーツ」投稿募集=ディスカバリー・ニッケイサイト  ディスカバリー・ニッケイ(全米日系博物館主催)は「勝敗を超えて:ニッケイスポーツ」と題し、「日系人とスポーツ」に関する文章を受付けている。募集要項に沿って投稿されたすべての投稿を掲載予定。  題材は日系人と関わりあるもので、現役または引退した日系オリンピック選手、日系スポー […]