ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月22日付け

 今に始まったことではないが、新聞界の不況は深刻さを強くするばかりなのは、何とも侘しい。活字王国の日本でも読者の減少は年毎に進み、広告の掲載も目にえて減っており、経営悪化の暗い道を重い足取りで歩んでいる。それでも、新聞発行部数では、世界のベスト10の7位までが日本だし、世界一の読売に続き朝日、毎日、聖教、日経となっており、10位にやっと中国の人民日報が登場する▼読売新聞は一時、1千万部を突破し、朝日を突き放したけれども、今は900万部ほどになったし、朝日も800万部がいいところだろう。紙を媒体とした新聞の不況は、これまで経験したことのない厳しい現実であり、何処の新聞社も、組織の改革と再編のあり方についても考慮しているようだが、昔のような活気を取り戻すのは極めて難しいのではないか▼共産党の「赤旗」も、日の出の勢いで部数を伸ばし、政治活動の大きな資金源だったのに—今や読者が少なくなり、あの革新的な特色ある記事も光彩を放つチャンスが無くなりつつあるのは寂しいし、発行の順位付けで聖教新聞が4位になっているのは、いささか驚く。あれは創価学会の機関紙だが、やはり—信仰の世界は強いと見ざるをえない▼アメリカのNYタイムズは本社を売却、仏の全国夕刊紙「ソワール」も廃刊と新聞不況は世界的な潮流だが、そんな厳しい環境の中で日本の新聞はまだ頑張っているけれども、やはりインターネットの情報は迅速性にとみ購読料も無料なのは最大の脅威であり、何らかの対策を急がないと欧米の二の舞を演じかねない。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]