ホーム | 日系社会ニュース | レジストロ=水面に2500基の光=灯ろう流しに多数が来場=金子会長「先祖を考えるイベントに」

レジストロ=水面に2500基の光=灯ろう流しに多数が来場=金子会長「先祖を考えるイベントに」

ニッケイ新聞 2011年11月4日付け

 ブラジルのお盆にあたる「死者の日」(Finados)にあわせて行なわれる『レジストロ灯ろう流し』が1、2日の両日に催され、約1万人(主催者発表)がベイラ・リオ広場に足を運んだ。57回目。追悼法要に加え、太鼓や盆踊り、食など日本文化を伝える地元に根付いたイベントに成長している。来場者は思い思いに楽しみながら、会場に面して流れるリベイラ川を照らす2500基の幽玄な光に見入っていた。レジストロベースボールクラブ、同地文協、同市、日蓮宗恵明寺の共催。

 「これ程大きな催しとは知らなかった。賑やかなほうが先祖も喜ぶかしら」—。
 近隣パリケーラ・アスー市から墓参りの帰りに初めて訪れた山本耕司(69、東京)、エレナ(62、二世)さん夫妻は、驚きながらも和やかな笑顔を見せた。
 かつて川幅も広く、水運が主な交通手段だったため水難事故が相次いだことから、56年に日蓮宗恵明寺の故・石本恵明氏が水難者追悼供養を始めた。そのさい「南無妙法蓮華教」の一文字ずつが書かれた7基が流されたことが始まり。
 死者の日にあわせたことから、水難犠牲者追悼、交通事故犠牲者、世界平和祈願、先没者追悼合同供養などを日蓮宗、生長の家、レジストロ本願寺、立正佼成会が宗派を超えた追悼法要を行なうことでも知られる。
 日本文化を広める催しとして地元に根付き、地域最大のイベントとして近隣の町から訪れる人も多い。
 2日午前には、奉納相撲として「第6回レジストロ相撲大会」があり、地元の子供や聖市からバスで訪れた選手たち約100人が出場。強い雨がテントを叩く音に負けないほど、選手を応援する歓声が響いた。
 食も人気。2日間を通して文協、リベイラ川沿岸日系団体連合会などが出店したバンカにはマンシューバの刺身やヤキソバ、天ぷらなどを求める行列ができていた。
 2日目の日没とともに、対岸から先祖の名や南無妙法蓮華経の文字が書かれた2500基の灯ろうが流された。来場者は川岸に移り、色とりどりの光に照らされる水面を見入っていた。
 レジストロに住む荒崎清一さん(82、二世)は「両親の墓参りの後は毎年ここに来ます。何を考えるでもなく、美しさにひかれてね」とつぶやいた。
 引き続き、和太鼓演奏や盆踊りなどで会場は盛り上がり、午後10時頃に打ち上げられた花火が閉幕を告げた。
 文協の金子国栄会長は「忙しいとばかりいう昨今だが、足を止めて先祖のことを考える時間が必要。その象徴としてこの催しを続けていきたい」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 灯ろう流しの様子2014年11月6日 第60回レジストロ灯ろう流し=伝統行事に1万人が来場=先祖への想い込めた2700基流す=地元伯人も河辺の風情堪能  レジストロ日伯文化協会(福澤一興会長)主催の『第60回レジストロ灯ろう流し』が1、2日にリベイラ河沿岸のベイラ・リオ広場で開催された。水難事故、交通事故、先没者への慰霊法要が行われたほか、広場では名物マンジューバの刺身や牡蠣料理の販売、盆踊りや民謡、和太鼓のショー、奉納相 […]
  • 2009年11月14日 ■ひとマチ点描■愛される日本文化 ニッケイ新聞 2009年11月14日付け  2日、レジストロの灯ろう流しで行われた奉納相撲で、凄いものを見せてもらった。漢字の入れ墨が流行っているとは聞いていた、「交通安全」とは思いつかなかった。 […]
  • 2009年11月10日 ■ひとマチ点描■夫の遺志を継いで ニッケイ新聞 2009年11月10日付け  「最初の灯ろうは南無妙法蓮華経を意味する7基だけでした」。2日のレジストロ灯ろう流しの前に行われた先没者法要の後、日蓮宗恵明寺の石本妙豊(みょうほう、74、二世)さん=写真=は、そう語った。 […]
  • 2013年8月23日 ■ひとマチ点描■平和教育の感動アニメ  17日の平和灯ろう流しの前に上映され、レジストロの州立校生徒等に感動の涙を流させたアニメ映画『アンゼラスの鐘』(80分、虫プロ、05年)。それにポ語字幕をつける作業が「ぎりぎり間に合った」と胸を撫で下ろすのは、被爆者協会の森田隆会長(89、広島)だ。 […]
  • 被爆犠牲者に焼香する参列者の皆さん2014年8月20日 「核兵器なき平和な世界を」=レジストロ平和灯ろう流し=聖南西日語校生徒ら150人参加=長崎知事「伯国で開催意義深い」  聖州レジストロ市のベイラ・リオ公園で16日昼から、日本の終戦記念日に合わせて毎年開催される「第6回平和灯ろう流し」と「盆踊り」が行われ、1500人が来場した。今年は特別に世界文化遺産登録1周年を記念した「富士山写真展」(静岡新聞社、ニッケイ新聞社共催)が併設され、聖南西地 […]