ホーム | 日系社会ニュース | 厚労省=厳しい日系人の安定雇用=外国人雇用対策課=山本課長が現況を説明=人気高い「就労準備研修」=日語教育ふくむ職業訓練を

厚労省=厳しい日系人の安定雇用=外国人雇用対策課=山本課長が現況を説明=人気高い「就労準備研修」=日語教育ふくむ職業訓練を

ニッケイ新聞 2011年11月9日付け

 厚生労働省職業安定局・外国人雇用対策課の山本麻里課長がCIATE(国外就労者情報援護センター)主催のコラボラドーレス会議に参加するため来伯、4日午後に記者会見し、在日日系人の雇用状況や日本政府の対策について概略を説明した。

 説明によれば、外国人登録者数は07年12月末の31万6千900人をピークに、08年のリーマンショックや今年3月の東日本大震災の影響から、現在は22万1千人にまで減少している。
 経済危機により、多くの日系人労働者が失業、地域のハローワークを訪れた。
 「新規求職者数は09年1〜3月のピーク時、前年同期と比べて約13倍の1万4760人に上ったが、現在はリーマンショック以前の水準に戻っている」という。
 東日本大震災後の今年3〜5月にかけては、東北地方の生産拠点に影響が出たため、自動車メーカーへの部品供給が止まったことで求職者が一時的に増えたものの、6月以降は沈静化。
 円高が長期化しているため企業の生産拠点が海外へ移転する傾向を受け「残業規制や中途・新卒採用の抑制など、雇用に影響が現れることが懸念されるため、年明け以降の状況は分からない」との懸念を示した。
 ハローワークへの相談件数は集住地域で現在も3、4倍に高止まりしていることから「何度通っても職を得られない人が一定数いる」と説明。
 その対策として通訳を配置したハローワークの数を、リーマンショック以前の約70カ所を09年度から120ヵ所以上、通訳の稼働時間を週に約700時間から4千時間以上に増やしたほか、外国人専門相談員を今年度は129人配置していることを報告した。
 「企業が求める日本語能力のレベルが高くなった」として、定住化傾向にある日系人に対する『就労準備研修』を、財団法人日本国際協力センター(JICE)が担当し、09年から実施している。
 研修は日本語コミュニケーション能力を始め、労働条件、雇用慣行、労働・社会保険制度等の理解、その他履歴書の書き方や職場体験、見学などを含み、期間は3カ月程度。
 約5千人の受講者を想定して予算が組まれたものの、09年度は全国60地域、10年度は97地域で実施。「受講者はいずれも6千人を超える人気だった」
 3年目の今年は若干規模を縮小したものの、現時点で3千人程度が受講しており、「今後はよりニーズの高い地域に重点化して実施する方向」と話す。
 また、日系人が希望する職種について「浜松の場合は技能工、生産工、事務だが、これらの職種は倍率が高い。一方で介護・福祉の仕事には応募が少ないなどのミスマッチが起こっている」と指摘。
 「今後、日系人の安定雇用を考えると、高齢社会で必ず需要が増える介護・福祉の職業訓練を日本語教育とあわせて行うことも考えている」と締めくくった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇2019年1月31日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇  【岩手県山田町発】2011年3月11日に発生し、東北に大きな傷跡を残した東日本大震災。震災発生から2か月後に本紙記者が、ブラジル岩手県人会の賛助会員が住む岩手県山田町を訪れ、その惨劇を報じた。それから約8年――昨年12月に再び山田町に足を運び、人々の生活や町の変化を取 […]
  • 援助の感謝と支援求め=被災3県からメッセージ2016年3月12日 援助の感謝と支援求め=被災3県からメッセージ  岩手、宮城、福島県人会が中心となり開催した『5周年追悼復興祈願祭』。開催にあたり、3県の知事から復興状況を報告するメッセージが寄せられた。追悼の意を込め全文を掲載する。復興事業、着実に進展=10月に46年ぶり国体控え=岩手県知事 達増拓也 本日、東日本大震災5周年追悼復興祈願 […]
  • 大耳小耳2013年5月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月16日  平野所長によれば、マルシアは「ブラジルが日本からも注目されるようになり、彼女自身もそれ関係の露出が増えている。これを機に『日伯の文化交流の懸け橋になる』との思いが強いようです」。昨年9月には、三菱自動車ショールーム内で開かれた「太陽の国ブラ […]
  • 大耳小耳2014年2月8日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月8日  「西洋の科学」への過剰な信仰に怒れる安田喜憲教授。東日本大震災の時、地球物理学は地震を予知できなかったばかりか、地震予知連絡会会長が「今の地震予知のレベルでは、今日なのか30年後なのか、300年後なのかもわからない」と公言したことに対し、「 […]
  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]