ホーム | 特集 | 【第57回レジストロ灯ろう流し】歴史刻まれた伝統行事=地域最大級の催事に成長

【第57回レジストロ灯ろう流し】歴史刻まれた伝統行事=地域最大級の催事に成長

ニッケイ新聞 2011年11月19日付け

 かつては水量も豊富で川幅も広かったリベイラ川。水運が主な交通手段だったため水難事故が相次いだことから、56年に日蓮宗恵明寺の故・石本恵明氏が水難者追悼供養を始めた。
 その際「南無妙法蓮華教」の一文字ずつが書かれた灯ろう7基が流されたのを嚆矢とする。
 会場となるベイラ・リオ広場はレジストロ地方に入植した日本人が初めて降り立った場所でもあり、海外興行株式会社(KKKK)の米穀貯蔵庫跡を改修した建物は現在、移民史料館になっている。
 1万人規模の大きな催しに成長したのは2001年に文協が共催に入ってから。それまでは日蓮宗の門徒でささやかに行われていたが、95年創始者の一人である故・春日今朝男さんが「この催しを絶やさないで」と協力を依頼した。
 第1回目で流された7基の灯ろうも現在は2500基となり、「先没者追悼だけでなく、半世紀以上催しを続けてきた貢献者への労いの意味も込められている」とFENIVARの山村敏明会長は話す。
 すでに日本文化を広める催しとして日系、非日系関係なく地元に根付き、地域最大級のイベントとして近隣の町から訪れる人も多い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【第57回レジストロ灯ろう流し】第6回レジストロ相撲大会=洪水に負けず土俵再建=白熱した試合を奉納2011年11月19日 【第57回レジストロ灯ろう流し】第6回レジストロ相撲大会=洪水に負けず土俵再建=白熱した試合を奉納 ニッケイ新聞 2011年11月19日付け  灯ろう流しに先立ち、奉納相撲として2日午前中いっぱいかけて『第6回レジストロ相撲大会』が行われた。地元レジストロの子供たちが数多く集まったほか、オザスコ、サント・アマーロ、イタケーラ・イビウナからも選手団が訪れ、総勢約百人によっ […]
  • 【第57回レジストロ灯ろう流し】2500基が幽玄の世界演出=水害被災市民に共感広がる=「先祖考えるイベントに」2011年11月19日 【第57回レジストロ灯ろう流し】2500基が幽玄の世界演出=水害被災市民に共感広がる=「先祖考えるイベントに」 ニッケイ新聞 2011年11月19日付け  ブラジルのお盆にあたる「死者の日」(Finados)にあわせて行なわれる『第57回レジストロ灯ろう流し』が1、2日の両日に催され約1万人(主催者発表)がベイラ・リオ広場に足を運んだ。レジストロベースボールクラブ、同文協、同市、日 […]
  • 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》2017年12月13日 《ブラジル》日本文化の継承・普及の戦略立案を=《中》  日本文化の継承・普及戦略の粗筋を考えるにあたって、日本に関するポ語情報をSNSやインターネット、書籍などの形で大量にばら撒いて若い世代を幅広く惹きつけるのを「序」(空中戦)、ジャパン・ハウスや日本語学校、日本文化講座などの施設で実際に対面しながら学んでもらうのを「破」 […]
  • 青年部間の横の繋がり強化で再活性化を2016年11月17日 青年部間の横の繋がり強化で再活性化を  組織活性化を目的とした青年文協主催の「レヴィー」が先日、20周年を迎えフォーラムを開催した。各地青年部から約100人が集まり、未来を担う若手の取り組みについて話合われた。  地方青年部の中には非日系人の姿も。レジストロ青年部によれば、灯ろう流しで大盛況だった『祭ダンス』は、 […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]